« RD-Z1発表 | トップページ | ドコモPHS撤退!?……いつものパターン »

2005.02.12

不毛なアニメ消化術

録り貯めたアニメを消化するのは結構な時間と労力を要する。テレビに向かって何時間も見続けるというのはさすがに辛い。アニメを消化しながら何かを並行してすればいいのだが、なかなか両立できる事はない。

実際の所、ROをしながら消化するのが最適なのだが、テレビの位置はPCのディスプレイの方向を向いていると、左に100度ほど向かなければならないので、事実上不可能であると言える。そして、残念ながら私のRD-X4EXはネットdeダビングの機能は持っていないため、DVD-RAM経由で録画した番組をPCに吸い出す必要がある。次の問題は、ROを起動しながらの動画の再生はキツいと言うことだ。2.8GHzのPentium4でも厳しい。きっと行儀の悪いのはROのプログラムだとは思うが、そこは仕方がない。

ならば次の手段はと言えば、PDAでの再生だ。ネットワーク経由で吸い出した動画を再生されれば、と思いきや、mpeg2のcodecは持っていない。そもそも負荷が高すぎるだろうとは思うが。そうなればすることは一つ、再エンコードだ。品質はPDAでのながら見なので低くても構わない、出来るだけ速くエンコードでき、PDAで難なくデコードできるmpeg1を選んだ。エンコード時間は実時間のおよそ8割。エンコード中は、並行してテレビで他の録画した番組を試聴してスタックを減らす。完璧だ。

もはやここまで来ると、合理的なのか不毛なのか分からなくなってきたが、負けてはいけない。ふと気づいてみれば、エンコードした番組が多すぎて、テレビで見るべき番組が無くなってしまった。まあ、これでレベル上げもスムーズになって一石二鳥だろう。……うーん。

|

« RD-Z1発表 | トップページ | ドコモPHS撤退!?……いつものパターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/2893333

この記事へのトラックバック一覧です: 不毛なアニメ消化術:

« RD-Z1発表 | トップページ | ドコモPHS撤退!?……いつものパターン »