« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

さみしいトラックバック

う~ん、ちょくちょくトラックバックがあるんですけど、やっぱりこちらの記事への言及どころかリンクも無い場合がほとんどですねえ、さみしいです。前にだらだら文句言ったんですけど、なんだかんだ言ってさみしいのが大きいってもんです。何かしら思うところがあってトラックバックをしたのでしょうから、ちゃんと触れて欲しいですよ、内容に。やっぱ、自サイトへの誘導を求めているだけなんですかねえ……って考えるのは、自分が卑しい証拠かしら。論理に穴があったり、つたない文章だろうけど、一応パブリックに意見を発しているつもりであることは意識しているので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

む、次世代DVDのHD出力問題、現実味を帯びてきている?

D端子とか作って、アナログでHD信号も伝送するよ!とか言ってたくせに、機器認証付きのデジタル伝送しか嫌じゃ、と言う噂は、どうにも本当のことになりそうだとか。物理メディアは、Blu-rayとHD DVDで分かれ、映像の伝送には、既存機器をバッサリと切り捨て。いやはや、相変わらずユーザ思いっきり置いてけぼりですね。コンテンツプロバイダ側は、「絶対にヤだ」って言ってるらしいんですが、HDMI端子も付けずにD端子だけ付けてHDテレビをバリバリ売った(売ってる)責任もあるので、そんなの認められちゃ困る、と家電メーカ。折衷案で、しばらくはアナログHD出力も許可しようと落ち着かせようと言うのが有力みたいですね。

次世代DVDとアナログHD出力問題で、ずっとぐだぐだやって、その猶予期間が実はあと一年しかなかった!とかなったら、笑い話にもなりませんが。今年HDMI端子がないHDテレビを買ったら(今から数えて)、4~6年程度しか次世代DVD等からのHD映像を楽しめないわけですね。実質的には、2~3年程度でしょうか。あほくさ。

結局、規格による囲い込みの狙い、ライセンス料による中間マージンのもくろみ、と言う争いとしか見えないんですよね、デジタル化やHD化によって噴出している数々の問題って。そりゃあ、著作者は相応の利益を得る権利はありますし、企業は利潤を求めているわけですから、何でもかんでも否定する気はありませんけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.21

クレジットカード情報大量流出で憂慮すること

流出してしまったものはしょうがない、当然ながらカード会社は不正利用に対して補償すると言っているので、まずは安心でしょう。これから、いつも以上にカードの利用明細に目を光らせなければなりませんね。

それより気にしているのは、二次被害。今回のカード情報流出のニュースを悪用したフィッシング詐欺が考えられます。「あなた様のカード情報が、流出したものでないか確認するため、以下のフォームに入力してください。」なんてものが、出てくるのではないかと思っているのです。今、最も引っかかりやすい状況ですからね、多少あらがあっても入力してしまう人がいそうです。気をつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LiaとKOTOKOの無限ループ

むむ、更新が一週間以上留まっているではないですか。やばいやばい。

さて、一月ほど前に発売された、Liaのアルバム「Colors of Life」とKOTOKOの「硝子の靡風」がセットで無限ループされているわけですがー。

「Colors of Life」は、前作アルバム「prismatic」と比べたら、Airで歌声に惚れた人達が満足できる楽曲揃いって感じですね。実際私もそうなんですが。と言うわけで、透明で伸びやかで、どこまでも高く破綻のない歌声、と言うのが存分に楽しめますね。これが本来のLiaなのか、と言うのは別として。前作は、曲は別として、発声(と言うか発音?)も全体の音質(高音がクリップされてる感じ)もなんだか煮え切らない感じでしたから。そこで気になったのが、LIA名義の「enigmatic」なんですが、手に入れる手段はない模様で、残念です。試聴した感じでは、「prismatic」で感じた「ボクらのLiaじゃない」感を増したえらくハードコアなイメージなので、元々はこういう方向性だったんでしょうか。歌声を堪能するには向かなそうですが、楽曲を堪能するには良さそうです。って言うか欲しいです。

「硝子の靡風」もまた、前作「羽-hane-」と比べて、ポップな曲も多く揃っていて「いつものKOTOKO」っていう感じで安心して楽しめるアルバムでした。I've曲全般にあった「ごちゃっとした音の塊」のような音質も、段々解消されているようで、今回のアルバムはとてもクリアな音質で、高音部は刺々しさと言うよりシャープな印象で気持ちよく聴くことが出来ますね。

お気に入りの曲は、「Colors of Life」では、「大切な君へ‥」。テンポの良さと高く伸びる声、交差するコーラス、ズバリ冬の歌であって、白く気持ちよい暖かさが感じられます。一方、「硝子の靡風」では、「ささくれ」。こちらはとても痛い。曲からして焦燥感がある上に、歌詞の内容がまた痛々しくて、ずんずん自分の中に入ってきて、どうしようもない気分になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.13

対中韓問題にて

小泉首相、町村外相、中山文科相の行動や発言が物議を呼んでますね。周りの政治家は否定的、マスコミもおおよそ否定的、そして、blogや2ch等ネットで声を出す人たちは肯定的に。あいにく私は、後者に当たるわけで、ようやく自国の意志を持って対等に渡り合おうとしている動きを、相変わらず封じ込めようとしている動きが気になって仕方ありません。先に書いたように、ネットで発言する人の大部分はこうした動きに肯定的ですが、果たしてネットで発言しない人たちはどういう感情でいるのでしょうか。相変わらずマスコミの自虐的な報道を真に受けているのか、違和感を感じているのか、マスコミはともかく、発言力の大きい政治家が過剰に中韓を刺激しない、養護する動きに危機感は感じているのでしょうか。今この緊張感の中、ハッキリと日本国が日本国であるという立場を示さない事は、今以上に中韓をつけあがらせ、日本の将来を危うくすると言うことを、認識しなければいけないのに。

色々と妄言を発せられている国に、「妄言だ」等と非難されるような妄言を発してはいないですよ、と煽って締めてみます。:-P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メールフォルダー

ご存じのとおり、6/1からシマンテックのspam検出技術が追加適用されるようになりました。これで、今までの学習型フィルタだけでは全く効果をなさなかった、日本語のspamにも高い効果を発揮するようになる……!!ハズでしたが、私の場合はサッパリ変わった印象がありませんでした。

さてそれはなぜでしょう?うすうすは感じていたものの、一つ気づいたことがあったのでそれを直すと、嘘のように「迷惑メールフォルダー」に飛び込んでいくではありませんか。ほぼ100%と言う精度はなかなかのモノ、これでspamの悩み激減です!!

何が悪さをしていたか、それは、日本語spamに圧倒的に多かった「IDアドレス宛てメール」へのフィルタです。日本語spamはIDアドレス宛が多かったので、とりあえず別のフォルダに放り込ませようと、フィルタを一つ作ってあったのです。どうも、シマンテックのspamフィルタは、これらユーザ設定フィルタより優先度が低いみたいですね。そんなわけで、えいやっとID宛てメール用フィルタを削除してやったら、日本語spamもしっかりと「迷惑メールフォルダー」に入るようになりました。んー、こういう事、注釈でもどこかに書いてあれば良いんですけどねぇ……。

そもそも、「IDアドレス宛メール」を受信しないような設定にしておけばいいんですが、spammerに負けた気分じゃないですか。むかーしむかしの知り合いなんかからIDアドレスで送ってくるかも知れませんし。ないと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

アクアプラス for PSP

降って湧いた事件か、なんかPSPにアクアプラスが参入するというのは当初からあったものの、蓋を開ければビックリ、いきなり4つ発表だそうですよ。痕、こみパ、うたわれ、Routesと。しかもいずれも程度は違えどかなり大きく手を入れられている模様。うわー、こりゃすげえ。って、私はPSPは持っていませんが。だからってこんなエサに釣られるクマー!!

気を取り直して。こみパRoutesは、既にPSPでのスクリーンショットがありました。ありゃ。構図が4:3の絵を上下カットしているだけで、せまっ苦しいですねえ。他にも、よくある「全身を4:3に納めるための斜めアングル」の絵が結構あるんですが、どうなることやら。書き下ろしイベント絵だけ16:9を考慮してて違和感でそうだ。

で、我らがDSには来ないんですか?ハードがかもし出す雰囲気と言い、ROM容量と言い、あからさまに無理がありますけど。オプションカートリッジスロット(GBAスロット)にHDD搭載すれば解決、とかなんとか言ってみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

見つけた!見つけた!ポケフラット!

だいぶ前にWBSのトレたまで紹介されて、是非買おうと思っていた薄型折りたたみ傘「ポケフラット」。知ったのが昨年9月の下旬だったから、だいぶなりますね。楽天スーパーエージェントに登録して、通知が来るも、色が選択できないと言うことで諦め、東急ハンズあたりなら入れてくれるだろうと思ったら、いっこうに入る気配無し。

心の隅でいつも気にしてたこの傘を、ようやく発見しました。名駅地下街に傘を沢山売っている店があるのですが、そこで発見しました。ついでにポケフラットと同じ会社の製品が何種類かありました。5段折りたたみの「スーパーポケミニ」、これは比較的いろんな所で見かけます。もう一つ、折りたたんで収納したときのサイズがとても細い「ぺん細」。ぺん細は気になるところですね、せっかく見つけたのに迷ってしまって買ってません。ポケフラットとどっちが使いやすいかな。「薄さ」の方がインパクトがあるし、探し求めてきたものだから、ポケフラットを買うべきかな、やっぱ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.08

クール・ビズがいまいち進まないとか

私が勤めている会社でも、クール・ビズに関するメールが回ってきました。今年は、「ノーネクタイでもカッコ悪くないシャツ」で推進してますが、どうにもまだ巷ではそんなに見かけませんね。

さて、どうにも進まないのはいくつか理由がありますね。「仕事柄無理」「みんながやらないと……」「これは男の戦闘服だから!!」などなど。日本の気候に合わないにもかかわらず、何を持ってフル装備が失礼の無い服装なのかもよく分からない状態で、結局周りや上司の目が気になって出来ない人もいるとかいないとか。首相は閣僚、社長会長クラスでは「偉い人がしている服装」という点で許されるものの、そこから下に下りていくことは難しいでしょう、こういう認識がある限り。

ではこういう認識を持つのはどうでしょう?「なんて季節感のない服装をしているんだ、失礼な!!その暑苦しい格好は不愉快だ!!」と。この夏、フル装備の営業マンは客先で大顰蹙。フル装備で出勤すると上司に嫌な目をされます。なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.07

iTunes Music Store Japanいよいよ開始か!?

日経がソースになってるので何とも信用しにくい所なんですが……なんでも、8月からスタートするそうで、SMEを除くレコード会社各社と契約したそうな。気になる値段は、1曲あたり150円ほど。まぁ、高からず安からずと言ったところでしょうか。このくらいの値段なら利用しなくもない、かも。ねらい目はアニメ主題歌なんだけど、こっちの媒体でリリースされるのかしら。これで使えそうなら、iPod shuffleからiPod miniへ移行ですかねー。DRMも緩いままなら完璧ですが、果てさて、アップルからのプレスリリースがないと、何とも言えませんね。

と、追加情報がありました。各社口をそろえて「話せる状況にない」と、肯定はしないが否定もしきっていない返事。あやしすぎる。まもなく発表を控えている、と考えて良さそうなのは……希望的観測なのかしら。やー、楽しみですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

紅茶が香るカルピス

抹茶とカルピスの雪辱を果たすべき、今年のお茶カルピスは、紅茶。まず開封した瞬間に、ふわっと漂う紅茶の香り。味わいは、カルピスでありながら紅茶であり、それでもやっぱりカルピスである、当たり前ですが不思議な感じ。レモンティのようなイメージも感じられます。紅茶のふわりとした香りはそれほど違和感が無く、果汁入りのカルピスと同じイメージで飲めるんじゃないでしょうか。もっとも、香りだけでなく紅茶の味もするので、その苦みや渋みが違和感を感じさせているようです。それにしても、改めて、青々しいというか瑞々しいと言うか、そう言った味わいが特徴の抹茶には合わないんだなぁ、と思った次第です。ん?ひょっとしたら、「発酵」と言う要素がマッチングの鍵をになっているのかも……?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

21世紀の省エネルック

「クール・ビズ」らしいです。クールなネーミングですね(ん?)。そもそもスーツ姿ってのは日本の気候に合わないというのは、今更言う事でもないですが、だからって和装も今や特別な意味を持つ正装になるわけで、仕事着としてのみならず、普段着としても日常生活では違和感のある姿に映るでしょう(和装が浸透するのもアリだと思うのですが)。と言うわけで、だらしなく感じなくも暑苦しくない軽装として「クール・ビズ」と言うのが提唱されたようで、まずは政府から広めていこうと、スタートしたようです。

さて、今回の21世紀の省エネルックとも言えるようなクール・ビズは、「カッコ悪くない」と言うのがポイントで、ノーネクタイでも上着がなくてもスマートに感じられるよう、襟が高めのボタンダウンシャツやら、ベルトと靴の色を合わせようだとか、色々紹介されているようです。カッコ悪くないと言うより、この姿って、逆にオサレな印象があるような……?オサレすぎて抵抗ありますよう、なんて。

まあでも、ぱりっとスーツを着ないと失礼にあたる職種もありますからね。お互い暑苦しいと思いながら、名刺交換をなさっているのでしょうね。ここら辺までクール・ビズの意識が浸透してくるのは、いつになるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »