« 迷惑メールフォルダー | トップページ | LiaとKOTOKOの無限ループ »

2005.06.13

対中韓問題にて

小泉首相、町村外相、中山文科相の行動や発言が物議を呼んでますね。周りの政治家は否定的、マスコミもおおよそ否定的、そして、blogや2ch等ネットで声を出す人たちは肯定的に。あいにく私は、後者に当たるわけで、ようやく自国の意志を持って対等に渡り合おうとしている動きを、相変わらず封じ込めようとしている動きが気になって仕方ありません。先に書いたように、ネットで発言する人の大部分はこうした動きに肯定的ですが、果たしてネットで発言しない人たちはどういう感情でいるのでしょうか。相変わらずマスコミの自虐的な報道を真に受けているのか、違和感を感じているのか、マスコミはともかく、発言力の大きい政治家が過剰に中韓を刺激しない、養護する動きに危機感は感じているのでしょうか。今この緊張感の中、ハッキリと日本国が日本国であるという立場を示さない事は、今以上に中韓をつけあがらせ、日本の将来を危うくすると言うことを、認識しなければいけないのに。

色々と妄言を発せられている国に、「妄言だ」等と非難されるような妄言を発してはいないですよ、と煽って締めてみます。:-P

|

« 迷惑メールフォルダー | トップページ | LiaとKOTOKOの無限ループ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対中韓問題にて:

« 迷惑メールフォルダー | トップページ | LiaとKOTOKOの無限ループ »