« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.30

インフルエンザと久しぶりの病院

先週のことになるが、きっと十数年ぶりとなるインフルエンザに感染した。まずはノドの違和感から始まった。私が体調を崩すときは、まず鼻から来るのだが、それから気にするべきだったのか、ともかくただの風邪だと思って一日寝かせても症状に変化がないので、その十数年ぶりに医者に行くことにした。

いわゆるかかりつけの医者ってヤツで、それだけ長い期間行ってなくても先生や看護師のみなさんは覚えているもので、「中学校以来だなあ」などと言いながら、てきぱきと診察、診断してくれた。この十数年のうちに、町医者の内科レベルでも実感できる進化を遂げていた医学は、インフルエンザであることをたった一分で白日の下に晒してくれた。感染したのはA型らしい。医師の直感だけではなく、「検査キット」によって判定が可能になっていた。よくよく調べてみると、昨年11月に発売されたばかりの新製品だったりするわけで、画期的感がより一層増してちょっと良い気分になった。

そんなわけで見事にインフルエンザ感染症。こうなると例の抗インフルエンザ剤「タミフル」が処方され、朝晩飲んで寝込むだけである。いわゆる「風邪症候群」の場合は、何種類かセットになった薬をどっちゃり渡された記憶があったが、今回このタミフルのみ。朝晩一錠のシンプルなものだ。おかげでプラシーボ効果が感じられずに、妙にさみしかった。ちなみに、熱を下げるための座薬も「使えない」らしく、本当にタミフルだけだった。

ところでそのタミフル、中学生だったか高校生だったかが異常行動に出たことで、少し話題になったのを覚えている人もいるだろう。「まあどうせレアな副作用だから」なんて大して気にも留めていなかったが、医者によればその異常行動の原因は、タミフルではなく高熱のせいだと言う。あっさり納得してしまったが、そりゃマスコミより年季の入った医師の方が信用に足る発言をするものだ。当然私もこれと言った副作用や異常行動を起こすことなく、かといって風邪薬と違って症状が緩和されることもなく、効果があるのかも疑わしいほどに淡々と回復していったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.20

携帯電話春商戦モデル出揃う

火曜日のドコモ、水曜日のボーダフォン、木曜日のauと、3キャリアがこぞって春商戦向けの新機種を発表してきました。……あ、たまにはケータイの話でもしてみようかと。

ドコモは902iSがでて間もないので、702iでデザイン重視の模様。とは言え、気になったのはストレートのD702i。狙いすぎて無くすっきりしたところが魅力的だけど、気の的にはシンプルすぎてちょっと残念。

最近持ち直したボーダフォンは、ハイエンドからシンプルまでまんべんなく発表。ついでに新サービスも発表。気合い入ってます。気になったのは当然、V601Tユーザだし全部入りだしの904T。でもワンセグ乗らないし、軽く噂されていたVGA対応もなかったし、カメラはパンフォーカスみたいだし、Flash非対応、モバイルSuica非対応(あんまかんけいないけど)と、デザインもちょっとゴツくて、個人的には決定打に欠ける。う~ん、夏か秋には出るんだろうなぁ、って思うと踏み切れない。そんなこと言ってたらいつまで経っても買えねーよ、ってな感じですが、次回半年機種変を覚悟すべきか、迷い所です。今回は予約無しで、ヒトバシラーの評価を待ってから考えることにしましょうか。ああ、世界最薄の804SSはサムスンなので、ええ。

相変わらず元気の良いauは、これまたバラエティ豊かに色々と発表。合わせて新たな音楽配信サービスも発表。攻め調子です。ワンセグ対応のW41Hが一番気になるところですが、話題性と言えばHDD初搭載のW41Tでしょう。と言っても、少し注目してみると特徴はそれ以外になくて地味なようですが……。それよりも、それぞれ何かしら一つのウリがある端末より、周辺機器もいくつか発表してて、いきなり音楽のトータルソリューション、みたいな勢いで発表した「au LISTEN MOBILE SERVICE」が凄いですね。打倒iTunes+iPodと言う意気込みが見て取れます(SONYより……)。

果てさて、春商戦の勝者は……と言うより、ボーダフォンはこのまま勢いを付けられるのか、そこに注目していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.14

新星堂のポイントシステムを解説してみる

新星堂のポイントシステムが分らん!マジで!ポイントの期限が近づいてるのに、どうなるんだ?わかりにくいぞってことで、店員に聞きました。

ポイントカードの裏には詳しいことが書いてありません。何円で何ポイント付くのか、有効期限が利用日から1年って裏に書いてあるのに、表に印刷されている有効期限が違うじゃん!とか、その辺の疑問を解消するのも含めて、箇条書きにしてみましょう。

  • ポイントは、税抜き金額の5%が加算される(つまり消費税額分と等しい)
  • ポイントは、2,000ポイントで2,000円として利用できる(40,000円で2,000円引き)
  • ポイントの有効期限は、ポイントを消費した日から1年

こんな感じです。そう、「利用」というのは、「新星堂」を指すのではなく、「ポイント」を指していたのです。わかりにくすぎますねえ……。

少しフォローすると、旧来のスタンプカードとキャッシュバックレートは変わっていませんが、ポイント加算単位が細かく、実質5%に極めて近い、と言うところが重要です。たとえば、2,800円のCDを買った場合、1,000円で1コスタンプの場合、800円分は切り捨てられて2つしかスタンプを押して貰えませんでしたが、今はキッチリ2,800円分の140ポイントが加算される、と言うことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.11

エノテカの福袋到着!

とりあえず色々ワインを飲んでみような私にとって、この季節の福袋セールは願ったりかなったりのありがたいものです。さて、個人店ならともかく、エノテカだったらお得度は低くても、売れ残りや劣化品はなく、無難に組み合わせてくれるんじゃないか、とか思ってても、何故か本数が書いてなくて、迷っているうちに気軽に飲むのをまとめ買いするつもりで狙ってた、1万円の福袋が売り切れてしまいました。ちなみに、それより前に売れたのが10万円の福袋……みんなお金持てるなぁ。

仕方ないので(?)、2万円の福袋にしました。結果は以下の通り(値段はエノテカでの通常価格)。

  • シャトー ダルマイヤック [2003] 4,800円
  • シャトー ジスクール [2002] 4,900円
  • ムタール ブリュット キュヴェ プレステージ (シャンパーニュ) 6,300円
  • キャンティ クラシコ リゼルヴァ "フリマイオ" [2001] 3,400円
  • ソレンゴ アルジャーノ [2002] 9,800円
  • ビアン ディ ノーヴァ [2003] 3,500円
  • アルタ ルージュ [2001] 3,500円

7本で合計36,200円分……。マジですか。4,000円前後が6本くらい入ってりゃええかな、と思ったのに。こりゃ、なかなか気軽に飲めないなぁ。暖かくなる前にセラーに入らない分を飲んでいくつもりだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

オフラインマリオカートDS

深夜にファミレスでわたわたやってる四捨五入して30の男達。色々話すとやっぱりニンテンドーDSの普及率はやけに高いらしい。ここに3台/4人の対戦場ができあがりました。1名はクリスマスシーズンからの高需要で、手に入れられなかったヒト。

さて、簡単に集まれない距離を埋めたのが、WiFi対応だったわけですが、今回は本体を持ち寄って実際に目の前にいるので、マルチプレイを行います。WiFiと違って色々とルールを設定できるのはともかく、やはりオフラインの空気は違うものです。順位の変動に一喜一憂、攻撃したりされたり、わいわいがやがやがとても良い。意味もなくゲームでこんなに盛り上がったのはなんだか久しぶりな気がする。これ、最大8人まで出来るって言うもんだから、そんなに集まってオフライン対戦したら何が起こる事やら。

大人のDSトレーニングのマルチプレイも、バカバカしくて楽しかった。テーマに沿った絵を描かせるヤツ、これ考えた人バカだ、ホントバカだ。「沖縄」「王子様」なんて来た後に、「ナイスショット」って。は?ってなモンで。こんなの盛り上がらないはずがないですよ。

あ、朝メニューに変えに来た店員さん、対戦中でお互い空気読めてませんでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

あけましておめでとうございます

今年も、中学時代の友人数人とグデグデ寺で過ごしました。除夜の鐘は、お参りに来た人が順に突いていくことになっているのですが、当然108人では足りるはずもなく、次々とやってくるわけです。こうやって毎年集まるメンツが数えていることになっているんですが、そこら辺の事情もふまえているのかいないのか、数は適当にしか数えていません。厳密に言うと、数えていません。「いまいくつやっけ?」「さあ?」ってな感じで。

こうして過ごす年越しは、かれこれ10年くらいになるようです。そして「また年末か来年にな。」と言って別れます。

今年も良い一年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »