« ツンデレツンデレって言うけれど | トップページ | SU-DH1を試す! »

2006.03.20

行ってきました!二次元演奏会

「――会わせたい人がいる。」

なんて思わせぶりな書き始めをして、後までこの形式で続けると疲れるのでヤメ。

開演の数時間前からいるよ、って事で、クロヤ氏(あえてこう表記する)と待ち合わせをするついでに、これを機会に同人音楽界の人に合ってみようと思っていたので(交流無いから、って避けようと思えば避けてた)、ほいほいと言葉にしたがって早めに待ち合わせ場所である、彼曰くの「イタメシ屋」に行きました。軽く自己紹介じみたトークからえらく脱線して色々話してみたいと思っているうちに、あれよあれよと同人音楽界の人達が集まり大人数になってしまって、一人おっかなびっくり。やべえ、肩身せめえよ、とか思いながら色々聞き耳立てて、「こんな感じの人かー。」と、こっそりと観察してました。出来ればもっと少人数ずつで合わせて欲しかったです、マジで。あと、クロヤ氏と妖しい空気を醸し出して、ちょっと変だったかも知れません。それから、kyrieさん、作品ありがとうございました。

それはおいといて、演奏会本番。まずは、演奏者のあかみさん、お疲れさまでした。演奏会を支えた裏方の皆さんも、お疲れさまでした。さて、客として全体の評価をどう言葉に表そうか適切な表現が見つからずに苦悩しましたが、こう表現することを思いつきました。70±40点。エントロピー高いです。

全体の流れを追っていかずに、思ったことをかいつまんで書かせてもらいましょう。

曲については一つだけ触れておきます。個人的には一番心配してた、『Summer's left』。これはあえて私が言うまでもなく、残念ながらスムーズな演奏にはなりませんでした。それでもあの壇上で最後まで演奏しきったのには感服します。同時に、やはりあれは非現実的だな、と感じもしました。よくよく考えてみれば、客から見ると演奏者が表現できるのは「左手で演奏している」というビジュアル的なインパクトにほとんど集約されます。もちろんアレンジとして聴き所もしっかりあるのですが、それなら両手でちゃんと聴かせてくれよ!と思ってしまったのでした。演奏者にとっては、リスクが極端に大きな曲でしたね。実際に生の演奏を聴いて、改めてそう感じました。

他の曲についても、残念ながら、まだ未完成感のあるところが端々に見られました。と言うものの、それを「ヘッタクソだなぁ」と思わずに「惜しいなぁ」と思うのです。それは、聴き手として聴き入る状態に至ることが出来るほどの、曲そのものの完成度の高さと、それを弾けてしまう腕があってこそだと感じています。本当に、すきま風吹きすさぶ木造建築の下宿でシンセサイザーから奏でられたあの曲々が、"本物"のピアノで人間の奏者によって奏でられるのを目の当たりに出来た、それだけで十分で、それだからこそ残念でした。

あ、やっぱりみんなこれが目当てだったのか、ってな感じで、『「アトラク=ナクア」の主題による幻想曲』に入る瞬間、聴衆の空気ががらっと変わりましたね。スイッチが入ったというか、ピンと空気が張り詰めた感じがしました。

音響的にも色々と気になるところがありました。あかみさんの激しい演奏を受け止めきれない会場ですかね。個人的にタイトな音場を好みとしているので、これはキツかったです。狭い帯域の残響が大きかったです。ピアノそのものにもどこか音にビビリがあったようです。それとも設置物が共振してたのかな。

そんな思いもあっての、70±40点と言う評価にしました。およそ3時間にも及ぶソロリサイタル、ボリューム満点で、鑑賞しきるには少々辛かったです。奏者であるあかみさんにも、本当にお疲れ様でした、としか言いようがありません。良くあの長丁場を最後まで弾ききって下さいました。

それから……。

「べ、別に緊張してたわけじゃないんだかrらッ、ないんだからねっ!」の司会の梨本悠里さんに最後全部持っていかれなくて良かったです。アドリブでツンデレセリフキター、しかも噛んじゃって余計に萌えー!の瞬間でしょう、あれは。最後の『Armored Ladybird』が無かったら、ホントにヤバかったと思いますよ。聴衆の一人ながら、ホッとした瞬間でした。こちらは原アレンジからさらに変化が加わって、完全に自分のものにしている感じを受けました。しっかり締まったと思います。

次回も是非、いや、次回はもう少し集中力の持続できる範囲のメニューで提供して下さいませ。すばらしい演奏会、ありがとうございました!

|

« ツンデレツンデレって言うけれど | トップページ | SU-DH1を試す! »

コメント

演奏中,「?」と感じるところが何度か(も?)あったわけですが。
原曲,というか編曲した原曲のほうは聞いてないので,それがそういうモノなのか,間違いなのかビミョーに判断できなかったんすよねー。

投稿: くだもの | 2006.03.21 10:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/9175684

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました!二次元演奏会:

« ツンデレツンデレって言うけれど | トップページ | SU-DH1を試す! »