« 流れが変わってきた?ソフトバンク | トップページ | ソフトバンクにややこしさから生まれた誤解によるネガティブキャンペーン »

2006.10.31

もうなにがなにやら、ソフトバンク

はい、大混乱のあげく、総務省、公取、と続々と登場でございます。動かないはずがない、当然の結果なのでここでは割愛。はは。それにしても、30日の会見は凄かったですね。よくもまあいけしゃーしゃーと……!と言いたくもなってしまいます。粛々と謝罪をすればいいものの、「ゴメンちょっとやりすぎた。ついでにゴールドプランの従量課金分を一律にするよ!すごいでしょ!」って感じで。うーん、これは……。コロコロコロコロ改定してると、どうしたらいいか客も困っちゃう。

転出が多くて落ちた、転出処理が重くて落ちた、似てるようで違うわけですが、結局なにが正しいのかが分からないままですね。auとドコモの発表によれば、トータルでauが8万増、6万減(何故かついでに対ソフトバンクは転入の方が多いと言っている)、との速報なので、その時点ではソフトバンクは2万の減。そしてシステムダウンがなかったらどうなっていたか?あのソフトバンクショップの反響っぷりを見ると、ひいき目に見て、26日以降の新料金プラン受付による影響によって、24~25日までの転出のみが計上されているのでは?などと思ってみたりします。まあ0円に踊らされた人に懇々と説明しなければいけないおかげで客の回転が悪い上に、そう言う人が殺到してるから、とも考えられますがね。いやあ、何とも中の人もお気の毒様です。

相変わらず必死感の漂うドコモと、一人勝ちでどこ吹く風のau、蛇行しながら突っ込んできたソフトバンク。対岸の火事とは行きませんが、同じハッピを着て祭りを眺めて楽しんでいる私としては、本当に目が離せない展開です。しかし、結局プラン変更や3Gへの契約変更は、どのようなプランでいつ出来るのか、そろそろ固めてくれませんかね。ゴールドプランとかどうでも良いんで。

|

« 流れが変わってきた?ソフトバンク | トップページ | ソフトバンクにややこしさから生まれた誤解によるネガティブキャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/12499868

この記事へのトラックバック一覧です: もうなにがなにやら、ソフトバンク:

« 流れが変わってきた?ソフトバンク | トップページ | ソフトバンクにややこしさから生まれた誤解によるネガティブキャンペーン »