« いよいよ以てフルワイドなアニメが増えてきた | トップページ | まだすこし、分からない。――本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(後編) »

2006.10.24

本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(前編)

「予想外割(ニヤッ……)、商品名でございます。」、いつもの投げ捨てるような口調で「通話料ゼロ円。」

やってしまった。暗黙のうちに、それはいかんだろうという「キャンペーン中なら他社からの移行でも契約年数を引き継いで割引をします」との危険球。

MNP前日に何らかの発表があるらしいぞ、と言う噂は、数日前に店員向け講習会の連絡が来たことなどから現実味を帯び、結果発表されたのが「ゴールドプラン」「オレンジプラン」「ブループラン」の新しい料金体系。ゴールドプランは条件付きの通話料無料プラン、オレンジプランはauの料金体系を、ブループランはNTTドコモの料金体系を丸ごとパクったプランで更に210円安い。一言で言えばえげつない、本当にえげつない。正直これはどうよ?と思う。安くなるのは良い。モラルとかブランド感とか信頼性とかそう言うところが非常に問題。イヤな大人、今回はここがそう感じたのだった。

さて、とりあえずそう言うことはおいといて、新プランについて整理してみよう。シンプルに分かりやすいプランを、と言いながら、あらゆるプランが入り交じった複雑怪奇な体系になってしまっている。何が出来て、何が出来ないのか、何が分かっていないのか、おかげで発表直後から色んな事がハッキリしてくるまでかなり時間がかかってしまった。ずっと混乱してたのが2ちゃんねるのSoftBank本スレ。大手ニュースサイトも当初は混乱していたようだが、夜にしたがって不透明な部分もある程度明らかになり、だいぶ落ち着いた。

まずは、目の前の看板にダマされてはいけない、ゴールドプラン。インパクトは大きいが、結構制約が大きい。今回明らかにされなかった「新スーパーボーナス」専用プランで、基本料金9,600円の、当初37%割引からスタート。ただしキャンペーン中に加入すれば11年目の割引率が適用されるので実質2,880円の一見すると超破格プラン。制約は、通話料0円となるのはソフトバンク同士限定で(これは当然)、しかも21時から0時台(1時まで)の間は、毎月200分までの制限があり、それを超えた分は従量課金。他社への通話は割高に設定される。メールも250文字までのSMSのみ無料対象。添付ファイルや長文メールは送受信ともパケット課金プラン開始前からいきなり改定されて、MMSまで無料対象になりましたね。これにちょっと上限が高くなった「パケット放題」を付けるのが、おそらく基本的な考え方だろう。孫社長曰く、「トラフィックのこととかどうなるか分からない、今後どうなるかも分からないけど、1月15日までに加入した人は完全にセーフ。」だとか。とりあえずずっと2,880円、これ以上高くなることもないが、安くなることもない。このプランに設けられた制約が苦とも思わなければ、日中は話し放題だし、ショートメールなら送りメール使い放題、非常にお得なプランなのは間違いない。そして現在分かっていないのが、このプランと組み合わせが必須となる「新スーパーボーナス」。そして、自動適用となる月額サービス2種類「スーパー安心パック」「スーパー便利パック」の合計996円がどのように計上されるのか。この点に注意しつつ26日の次なる発表を待つことになる。

他社のメリットだけでなくデメリットまでもゴッソリ持ってきてしまった、ド反則の「オレンジプラン」と「ブループラン」。他社が値下げをしたら24時間以内に値下げしますよ、と言う宣言付き。他社ユーザが何も考えずにプランと割引年数を引き継いだまま移行も出来るし、移行しようと思っていた人も移行先のプランがこっちにも出来たからプラン変更で済む、と。ちなみに、オレンジプラン(X)にはパケット定額オプションが無く、ブループランのパケット定額オプションではPCサイトブラウザ利用時の上限額が無し、その他通話料などを総合的に考えるとブループランの選択はなさそう。ただ、ゴールドプランにおける「パケット放題」のみ、これらのプランとの組み合わせも可能なのがポイント。ゴールドプランのオプションなので、「新スーパーボーナス」への加入は必要のようだ。

それはともかく、今回発表されたプランでなんと言ってもうれしいのが、継続割引系の割引率算定が契約年数になるところ。長期ユーザ、旧プランで留まっていたユーザへの大きな福音であることは間違いない。ようやく旧プランから離れられる。ようやく3G契約ができる。等々。

でもやっぱり心に引っかかるのが、こういうプランを展開するえげつなさへの抵抗感と、ソフトバンクというブランド、信頼感のなさ。「他社に匹敵する独自のプランならこんな思いはしなかったのにね……。うれしいことはうれしいんだけど……。」と言うのがJ-PHONE時代からの契約者の本音。

続きは、26日の発表後!

あと、誤解もありそうなので適宜修正予定。

|

« いよいよ以てフルワイドなアニメが増えてきた | トップページ | まだすこし、分からない。――本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/12400303

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(前編):

» まだすこし、分からない。――本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(後編) [なぞにっき@ココログ]
結局どうなんだろう?ソフトバンク。わけがわからない。情報が錯綜している。発表され [続きを読む]

受信: 2006.10.26 19:11

« いよいよ以てフルワイドなアニメが増えてきた | トップページ | まだすこし、分からない。――本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(後編) »