« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.27

TOICA雑感

(名鉄を主に利用している自分にはほとんど関係ありませんが)ようやくJR東海でも非接触ICカードの乗車システム「TOICA」がスタートしました。早速25日にカードを買いに行ってきました。最寄りの名鉄の駅から定期で乗車し、JRの駅と近接している駅で降り、券売機でTOICAを買ってJRに乗車し、やはり名鉄の駅と近接している別の駅で降り、名鉄の定期で帰ってきました。何のことはない、SuicaもICOCAも利用済なので感動とかそう言うのはありませんけれども、これでこっちもずいぶん便利になるだろうなあ、と言う印象。そういえば、TOICAはSuicaやICOCAと違って、JR東海圏内でしか使えないというまたいやらしい縛りがあるんですね。鉄道各社の力関係というか意地というかそこら辺の大人の事情らしいですが。一応「相互利用も検討する」というアナウンスはしているものの、いつになるやら。でもって、「電子マネー化はしない」とは言っているものの、TOICAの裏にはしっかりと「このカードはTOICAの表示または当社が別に定めた表示のある店舗等においてもご利用いただけます。」と書かれています。

というわけで、主に利用している名鉄の非接触ICカード導入も当分先のことなので、実際にはほとんど自分には関係のない当日のイベントはこれにて終了。次回実用目的でTOICAを使うのはいつになるやら。サイフの中には、Suica、ICOCA、TOICAの3点セット。

ところで、サービス開始を記念して特別デザインのTOICAが各駅で販売されたみたいですが、予想以上の早さで売り切れていたようで、特に東海道線の駅は朝方にもなくなってしまったようです。欲しいなあと思いつつ、絶対手に入れてやる!と言うほどのガッツもないので後10時頃家を出る前に調べた時点で既に目的の駅を含めほとんどが売り切れ。真相は定かではありませんが、転売目的の大量購入でゴッソリと無くなったとかなんとか。確かにヤフオクで検索すると出てきますし。うーん、何十枚も捌けるんですかね。手間の割に得られる利益が小さい気がしますけど、まあ私には分からないうまみがあるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.06

ソフトバンクにややこしさから生まれた誤解によるネガティブキャンペーン

単純に「ソフトバンク」って言っちゃうと色々範囲が広がっちゃいますが、当blogではもっぱらソフトバンクモバイルのことを指します。ってことで、連休中からソフトバンクのCMが若干変わって、最後のテロップの0円が少し小さくなり、注意書きがどっかり大きくなりました。形だけですよ、形だけ。

まあそんなことより、大々的に発表された、次々と続く「0円」の文字。これには色々制約が付くものの、とりあえずのインパクトはものすごい。そして、その"色々な制約"を説明が表に現れにくかったことから、MNP開始初の週末の混乱に乗じて"色々な制約"をクローズアップする負の方向へのクローズアップがされました。そこまでは良いでしょう。とかく批判したがりのマスコミですし、説明不足の煽り広告であることは否定できませんから。ただ、まあ、嘘はいけませんね、嘘は。わかりにくさから生まれる誤解をそのままに、間違った解釈をしたまま批判を繰り広げる状況は大いに問題があります。聞いたところによると、例のゴールドプラン、キャンペーン期間の1月15日を過ぎたら9,600円を払わなきゃいけなくなる、なんて言ってるところがあるそうですよ。うそばっかり。ゴールドプランの問題点以外は目に入らない報道姿勢も、何だかなあ、と言ったところです。なんか都合の悪いことでもあるんですかね?

と、こういう姿勢の記事もないといけませんものね。既存ユーザとしては、問題点は多々あれど、MNPで見限ってしまうには惜しい良い展開も見せているので、このたくさんのハードルを乗り越えて欲しいと思っているのですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »