« 2006年12月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.01.15

新星堂の新ポイントシステムもやっぱり……

えーと、新星堂のポイントシステムが、ティーポイントとの併用になっています。今年度いっぱいで引き継ぎを行うそうですが、これがまたいまいち使えなさそうな変更なんですよねー。

新ポイントシステムの概要は、以下の通り。

  • ティーポイントカードとスタンプカードの2枚仕様
  • ティーポイントは、100円に付き1ポイント
  • ティーポイントの有効期限は、最終変動日から1年間(加算/利用など)
  • ティーポイントカードにも有効期限があり、発行から1年間だが、有効期限前後1ヶ月の間に引き継ぎが可能
  • スタンプカードへは、ティーポイントカードとセットで提示しなければスタンプが押されない
  • スタンプカードへの捺印は、500円につき1つ
  • スタンプカードの有効期限は、発行から1年間
  • スタンプカードは、スタンプ60個で1,000円(最大約3.3%還元)、スタンプ75個で1,500円(最大4%還元)、スタンプ90個で2,000円(最大約4.4%還元)の割引
  • 旧ポイントカードからの引き継ぎが可能で、ポイントはスタンプカードへポイントカードの有効期限とともに引き継がれる

と、こんな所。広く知られている(と思われる)ティーポイントについての言及は割愛。問題は新しいスタンプカード。旧来のスタンプカードと同じだったかどうかは記憶にはありませんが、旧ポイントカードから改悪されているのは確かです。変更点は以下の通り。

  • 加算単位は、本体価格の5%から500円単位に変更
  • 有効期限は、ポイントの消費日からカードの発行日に変更
  • 還元を受けるまでのハードルが、40,000円(2,000ポイント)から最低30,000円(60個)に下がった

さて。旧ポイントカードでは、加算単位が細かく、還元を受けた2,000ポイントからはみ出た端数のポイントも次の1年に持ち越すことが出来るため、ほぼ確実に5%の還元を受けられたのに対し、新しいスタンプカードではその利点が無くなってしまいました。全くなんてこった!なんでこんなに愚痴ってるんだろうね?

新星堂も、タワレコも、HMVも、ポイントの有効期限がカード発行から1年というのが許せないんだ。ヤマギワなんて10%還元の上に最終加算日から1年間というステキ仕様なのに。でも全3店の方が品揃えが圧倒的なんですよねえ。漠然と何か欲しい→試聴→購入のサイクルがしやすいってのもありますしねえ。

とりあえずティーポイントはローソンでせっせと貯めることにしまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.10

iPhoneでした。

iP...honeでした。今回も6G iPodはおあずけ。「革新的な携帯電話」は、GSM+EDGE対応と言うことで、当然日本の規格には合致しません。アジアは2008年という事で、もし日本でも発売されるとしても1年おあずけ。今の、端末=キャリア=コンテンツサービス(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)と言う仕組みが崩れれば、より展開しやすいでしょうが、果たして。ついでに言えば、キャリアというハードルを越えてしまっても、その先にはワンセグとおサイフケータイというハードルもあったりするわけですが。こっちは全く持ってハードウェア実装の問題。バッサリ切るにはちょっと惜しい。

しかしカッチョイイですねー。全面タッチパネルはともかくとして、ハード的なスペックは特筆すべき所はないにしても、やはりソフトウェアの作り込みの凄さには脱帽です。使い勝手は良さそうだし、カッコイイのに鬱陶しく"なさそう"。全面のパネルは、顔の脂と指紋だらけになりそうですがね。:-P

ともかく、当分の間縁が無いであろうデバイスなので興味が薄れました、ええ、ええ。とは言え、iPhoneのiPod部分だけ抜き出してHDD搭載にしたものを想像すると、ちょっと物足りないかなあ、なんて思ってしまう当たり、やっぱりソフトウェアのインパクトは大きく感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

今年もエノテカの福袋!

遅ればせながら明けましておめでとうございます。新年一発目の記事はこれにしようかなー、と漠然と思ってたもので。

前回の結果を踏まえて、無難かつなかなかお得感の高い上にサプライズも待ってるよ!なエノテカの福袋、今回も2万円でチョイス!チョイス!今回はどんなものが届くかな~?と、前回は12本用の箱に7本入っていたのが、今回は6本用の箱でちょっとがっくり。やっぱ値上がりしてるからかな……なんて思いつつ開封。値段はエノテカでの通常価格。

  • シャトー カロン セギュール [2003] 8,925円
  • ムタール ブリュット キュヴェ プレステージ [NV] 6,300円
  • フェルシナ フォンタッローロ [2001] 5,775円(イタリア)
  • フリーマン ロシアン リヴァー ヴァレー [2004] 6,825円(アメリカ)
  • モンテス アルファ "M" [2004] 9,450円(チリ)

本数少ないけど単価高いなあ。合計37,275円分。結局お得感は去年と遜色なしだが、飲みにくい。実に飲みにくい。一番高いのがチリワインってどーよ。チリワインでこの値段、化けモンワインちゃうの?また去年と同じくムタール入ってるけど、どうせ泡入れるなら違うのが良かったなあ。まあ一番困るのはカロン・セギュール。どうせすぐには飲めんけど、使えるようにしとけってワイン界からの新年のハッパがけか?

ちょっと別のところで、すぐに飲めそうな手頃なワインが詰まってそうなたくさん福袋買い足してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年6月 »