« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.09.29

iPod touchを使い始める

さてさて、日本語Windows環境における不具合については、「混種中のアップデータで対応する」とのことですが、これきっと、「今週中にiPhoneに大幅なアップデートを行う」のついでに実施されるんでしょうね。まあともかく、これで、iPhone もiTunes Wi-Fi Storeに対応したり多言語対応したりしていやっほーう!って、そんなのどうだって良いから日本人にさっさと修正アップデートかけろよ、とぐちぐち言っててもしょうがないので、PCエミュレータで英語環境を作って、そこでロック解除を行いました。というのは昨日までの話。iTunes7.4.3がリリースされて、iPhoneでもやはりiTunes Wi-Fi Storeが利用できるようなアップデートと共に、英語環境外でのiPod touchロック解除の問題が修正されています。

それにしても、そんなこともあっさり出来てしまう有用なソフトウェアが無料で利用できてしまうとは、良い時代になったもんです。何か窓の杜で、vmwareのダウンロードランキングがグッと上がってたりするのも、これの影響なんでしょうね。ちなみに、真偽は不明ですが、どこかしらで目にした話によると、日本語環境と言うより、非英語環境で発生する問題だそうで、9/13からこの不具合は確認されてるのに、アップルはなんのアクションも起こさず放置していたそうです。そしてアップルから直接のアナウンスもありません。こんな対応いつものアップルクオリティとは言いますが、iPod shuffleあたりからユーザになったのでよー分かりません。アップルファンはしっかり調教されてるようですね。私も、Leopardが発売されたら iMacを買うつもりでいるので、やっぱり調教されてしまうようです。

それはさておき、紆余曲折あれど、「ついに ねんがんの あいぽっどたっちを てにいれたぞ!」な状態になったわけですが、いやはや、すばらしいですな。何かもう触ってるだけで楽しい。画面と指との一体感がここまで快感をもたらしてくれるとは。指ではじく「フリック」が素晴らしすぎますね。日本での通称"くぱぁ"のピンチイン/アウト、画面の縦横追従なんかもありますけど、もうとにかくフリックが気持ちよすぎます。でも微妙に練られて無い感というか、気になる点はいくつか見つかるもので、画面サイズというか本体サイズの大きさから、タッチすべきところが遠いんですよ。片手で操作するにはちいと辛い。もともと想定されてないんだろうか?それから、プレイリストやアルバムの所から直接1曲目から再生することは出来ないのかな?必ず中に入って一番上をタップして再生してるけど、何か違和感がある。でもそれらしいボタンや表示が見あたらないような?階層を一段戻るとかもないところが気になります。ホームボタンを押してホームに戻るしかないところが色んな所に。クリックホイールなiPod では出来ない操作ができるようになったかわりに、逆に出来なくなった操作も……というか、根本的に違うので出来て当たり前なところが出来ないのがもどかしいですね。それと、当然ながら全面フラットなタッチパネルなので、手探りで操作すべき場所を見つけることは出来ず、必ず画面を見ながら操作しなければならないです。移動中ちょっと怖いです。

そうそう、iPod touchの目玉機能の一つである「iTunes Wi-Fi Store」使ってみましたよ。先日、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見てきた関係で、例の主題歌が欲しくなって、じゃあせっかくだからtouchが届いたら買ってみよう、と。アカウント設定はiTunesで行います。それと比もづけられて購入するわけですね。検索して試聴が出来るところはiTunesでのstoreと変わりません。Plusを有効にしてあるので、Plusの表示と値段でボタンがあって、クリックして購入。あまりもあっさり買えすぎてしまうのでこれまた怖いですが、外出先でも買ってしまえる敷居の低さは素晴らしいですね。って、最近の若いモンはケータイで着うたフルでしたっけ。全然新しく無いじゃん。あは。

さて、肝心の音質ですが、発売前に海外のレポートが翻訳されてるのを見て、「どうやら5G iPodより音質が劣ってるらしいぞ」と不安でいっぱいでしたが、全然そうではなかったです。まあ私の耳がへっぽこだという可能性は大いに否定できないところはありますが。使用イヤホンは、ソニーのMDR-EX90SLで、適当なソースとしてAACで192kbpsVBRと256kbpsCBR(iTunesPlus)、MP3の192kbpsなんかをホイホイ再生してみました。よく言えば元気な音、悪く言えばドンシャリ気味と言った感じでしょうか。先に各所で目にした"ヴェールをかぶせたような感じ"はなく、クリアでエッジのきいたスムーズな音ですね。肉声の高音域もすうっとストレス無く伸びますし、定位もがっちり決まってそれぞれの楽器の一がハッキリ分かって全然不満がないです。

やはり微妙に全体的に気になる点はありますが、これは「持っててウレシイ」デバイスですね。無条件にオススメできない理由は、決して安いとは言えない絶対的な価格でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

iPod touchが届いているわけですが

あのiPhoneと同じUIを備えた全く新しいiPodで話題沸騰、iPod touchですよー!日本のストアでは9/28までに発送と書いてありましたが、9/22に発送され、9/23に到着しました。やった!連休中にセットアップで連休明けから使えるよ!

と。

土曜日から日曜にかけて遊びに出かけていたので、家に帰ってからセットアップする事になるのですが、さしあたって同じく到着した人たちがどんな風にいじっているのか、どんなレポートが上がっているのか、そんなところが気になって、ヤマトの配送ステータスをチェックしながら、2chをチェックしまくりんぐ。

どうやら、日本語Windows環境では使用開始出来ない不具合があるらしい。なんじゃそりゃ。たった一度だけ、Macに接続してやればロックが解除されて、日本語WIndows環境でも使えるようになるそうだ。英語Windows環境でも問題は起こってない、とか?英語環境をPCエミュレータ上で構築してロックの解除を行うとか言う話もあるようだけど、様子見中(IE6/7検証用の実行環境が無料で提供されてるのでそれを利用できる)。

さらに、9/24現在でもiTunesのアップデートはなく、大手企業ニュースサイトで箱の件についての記事が一切無し。報道管制でも敷かれてるような状況でちょっと恐ろしい。

Image202 と言うわけで、開封して電源入れて、ここまで来て、おしまい。この画面を解除する事が、「ロック解除」と言われてるようだけど、どうやらiTunes側は認識できても、iPod touchにそれを反映できない(iTunesはしたつもりでいる?)のが今回の不具合のようですね。一応、上の電源ボタン長押しでシャットダウンが出来るんだけど、そこでちょっとだけtouchのUIらしさに振れる事が出来ました。……うう、切ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.06

iPodのラインアップ総入れ替えにおけるジレンマ

さてさて、当然のように新しいiPodが発表されましたね。フルラインアップの更新というのはちょいと予想外でしたが、しばらくリリースらしいリリースがなかったことを考えると、小出しにすることもなく一気に発表されたのは良かったです。

まずは殆どスルー状態のiPod shuffle。カラーバリエーションの変更だけですね。1GBで9,800円。あえて言うなら、REDが追加されたことでしょうか?地味に良さげな完成品と言ったところで触るところありませんしね。

でもって、事前にリーク情報?とおぼしきでぶっちょな見ためのものは、新しいiPod nanoでした。今までよりディスプレイは大きく、本体は薄く軽くなり、CoverFlowに対応した新UIを搭載して動画対応!と非常に魅力的なモデルになりました。4GBで17,800円と8GBで23,800円。人によっては、ちょっと少ないと感じてしまうかもしれません。

これまでのiPodは、iPod classicと名前が変更になりました。デザインも変更され、前面がアルミパネルになったので全体が金属ボディです。こちらも本体は薄くなり、CoverFlowに対応した新UIが搭載されました。容量がどーんとアップして、80GBで29,800円と160GBで42,800円。よっぽど恐ろしい巨大ライブラリを組んでる人でなければ、「全ての音楽を持ち運ぶ」というiPod本来のコンセプトを実現しきれてしまうでしょう。

まだ終わってないよ、と発表されたのがiPod touch。いわゆる電話無しiPhone。これがiPodファミリに追加されることによって無印iPodはclassicと名が付いてしまったわけですね。パッと見はiPhoneそのまんま。でもやっぱり薄いです。あのかっちょいいUIも搭載されてます。なんとWiFiも搭載されててSafariやYouTubeなんかが使えるみたいです。うひゃー、ですね。8GBで36,800円と16GBで48,800円。classicのアホみたいな大容量を見た後だと、微妙、と言わざるを得ないでしょう。とは言えフラッシュメモリベースであることを考えると、これ以上の容量アップは値段が恐ろしくなってしまいます。それから、「One more thing...」で、iTunes Wi-Fi Music Storeが発表され、iPhoneやiPod touchから直接音楽のダウンロード購入が出来るようです。

ちなみに関係ないですが、iPhoneは4GBが無くなって、8GBが値下げされるようです。スタバ絡みも日本じゃ関係ないのかな?まあ、私はテイクアウトしかしないからどっちにしろ関係ありませんが。

そんなわけでフルラインアップを軽く纏めた感じでこんな風になってしまいました。うーん、悩ましいですね。nanoとclassicは、機能的な差が無くなってしまいました。完全にコンパクトor大容量というだけで決められます。nanoは魅力大ですね。普通4GB/8GBもあれば十分大容量ですし、より一層小さく薄くなりましたし。これはまた売れそうです。ただ、私の場合は今の1G nanoが4GBでかなり窮屈なので、残念ながら今回のnanoは見送りですが、touchが発表されず、16GBモデルがあればnanoを買ったと思います。では、classicはどうか?と言うと、touchの存在が大きな問題となりました。確かに大容量は魅力。しかも、現在の音楽ライブラリの容量(40GBほど)を考えれば、動画をいくつか入れるとしても、80GBモデルで当分困ることはありません。でもやっぱり、あのかっちょいいUIが気になるのですよねえ。touchの悩み所は、逆に言えばその容量です。16GB「しか」ありません。今まで通り全部の曲を持ち歩くことは考えないにしても、今まで泣く泣く削ってきた持ち歩きたいと思う曲を全て入れられるか?と言う点が16GBに窮屈間を感じてしまうのです。まあ、ボーダーラインの引き方によるとは思いますがね。classicとtouchが別れて無ければ、何も悩むことはなかったんですけどねえ。つまり私が理想として欲しかったのは、16GBのnanoか、80GB HDD版のtouch、ですね。まあ、無い物ねだりを言ってもしょうがないので、ちゃちゃっと16GBのtouchを注文してしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年12月 »