« プリモバイルを持とう | トップページ | 木のイヤホン »

2008.02.19

東芝の「終息」という言葉によるHD DVD撤退を受けて

来るべき時が気ました。えらい寂しい単語を使ってきますね。次世代DVD対決は、Blu-rayの勝利で終わりました。長かった……わけではありませんね。国内次世代DVDレコーダシェアは、東芝一社対その他、海外では健闘したものの、パッケージソフトのコンテンツを提供する映画会社の動きにより一気にとどめを刺されたといった感じです。決定的な結果が出せないまま、時間と共に技術が確立され、HD DVDのコストメリットが無くなっていったのも影響があったのでしょう。事実上物理的な部分以外の違いなんて殆どありませんでしたからね。

しかし終焉は悲惨なことになってましたね。安売りによるシェア巻き返し、と言うより、撤退を見据えた売り抜けとも思える状況、撤退するとのリーク報道、東芝からの正式な発表がないにもかかわらず市場全体が撤退決定の方向で動き出す始末。業務用規格として息の長かったベータ、結局規格併存となった記録用DVDとは違い、出始めから既に決着がついていたかのような状況は、MDとDCCを思い起こしますね。

さて、これで消費者は買い控えから脱却して、晴れて次世代DVD規格の雄となったBlu-rayレコーダを買うことが出来るようになったわけですが、そこで注目すべきはやはり東芝でしょう。定評のあるRDシリーズにBlu-rayが搭載されることを望むばかりです。いや、BD搭載はやらないなんて表向きには言いつつも、もはやこれも時間の問題でしょう。いくら何でも現行DVD搭載に限定してては売れるもんも売れません。今から取りかかるのか、既に取りかかっているのか、どこぞのコラージュかリークか分からない取説がごとく、既に存在しているのか。同日発表だったらもの凄いサプライズなんですがね。そういえば、ベータからVHSに移行したときはどうだったんでしょうね。

ってかアレですよね、東芝はまずHDDに録って、外部メディアに残す、なんて言う前提となる思想がありますし、本当の勝ち組はHDDを作ってる俺たちだぜ、と宣言してるシーゲートのこともありますし、フラッシュメモリの勢いもすごいですし、ネットワークと組み合わせれば……なんて話もあって、実は光メディアなんていらなくね?なんていう流れもちょびちょびとありますからね。パッケージソフトはやはりBlu-ray Discでしばらく行くでしょうが、日本人の大好きな録画文化に根付くのは、BD-Rではなく、もっと違う何かなのかもしれません。東芝はそこを見据えているはずですし、これから、ではなく、既に行動を起こしているのかもしれません。

さしあたって私が真に望むのは、「タイムシフトに最適」という売り文句の光学ドライブを搭載せず、HDDのみのRDシリーズだったりするんですけどね。

|

« プリモバイルを持とう | トップページ | 木のイヤホン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/40186152

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝の「終息」という言葉によるHD DVD撤退を受けて:

« プリモバイルを持とう | トップページ | 木のイヤホン »