« 現れたのはiPhone 3G | トップページ | プリモバイルによるサブ端末の持ち方 »

2008.06.25

iPhone3Gの利用料金を検証してみる

iPhone3Gの販売価格と利用料が発表されましたね。やはり、iPhone専用のプランが設定されましたが、これはどうやら普通のソフトバンクケータイと違って、提供可能なサービスに違いが出てくるためだと思われます。MMSが提供されない代わりに、プッシュ対応のEメールが提供されるようです(XシリーズはMMS用アプリが提供されている)。って事で、iPhone用に一部仕様の異なるホワイトプラン(980円)をはじめ、ブループ ラン、オレンジプランも選択可能となっています。同時に、スマートフォン用のパケット定額が改定され、5,985円のパケット定額フルになりました。 iPhoneを使うには、S!ベーシックパック(315円)と、このパケット定額フルが必須となり、合計すると、ホワイトプラン選択で月額利用料は 7,280円となります。また、端末代金は例によってスーパーボーナスの割賦販売であり、付加サービスが必須となることから、特別割引は100%適用され るため、実質負担金は、8GBモデルで960円×24回の23,040円、16GBモデルで1,440円×24回の34,560円と言うことになります。

さ て、端末代金はさておき、利用料金が高いと見るか、安いと見るか、です。そこにはiPhoneがなんたるかで大きく違ってくるわけで、本来想定されて いるiPhoneの利用シーンを考えると、この値段には十分納得いくものであると言えますね。安い!安い!と大騒ぎするほど安いわけではありませんが、結 構良い値段だと思います。ベースとなる電話とSMSの利用にはソフトバンクの特徴である980円のホワイトプランが適用でき、加えてiPhoneの機能を活用するためのパケット通信料が固定で5,985円なわけですから、ソフトバンクでiPhoneを活用するには至極真っ当な組み合わせで、評価すべき は絶対的な金額であると言えるでしょう。

んじゃあ、高い!高い!買うのやめる!と騒いでいる人は、何を想定していたのでしょうか。iPhoneを iPhoneらしく使うには、パケット通信が必須です。ネットなんか繋がないのにパケット定額フルが必須なんておかしい、外せるようにしろ!というのはナ ンセンスです。そんな人はiPhoneが欲しいという理由から考え直してください。せめて二段階制なら良いのに……、と言う人も勘違いしてます。見かけは 安いですが、メールはパケット課金ですし、Safariがフルブラウザである以上、すぐに上限に張り付くので意味がありませんから。

それから、絵 文字使えないし-、ワンセグ無いしー、おサイフケータイじゃないしー、ってかソフトバンクだし-、って言うのは論外ですからね。キャリアがソフトバンクで あることはともかく、極端なことを言えば、(日本のケータイと比べて)コンセプトが特殊な端末であり、料金プランもそれにピッタリ合わせたワンパッケージになっているので、使い方に納得できない人には全く向かないものとも言えるのではないでしょうか。

|

« 現れたのはiPhone 3G | トップページ | プリモバイルによるサブ端末の持ち方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone3Gの利用料金を検証してみる:

« 現れたのはiPhone 3G | トップページ | プリモバイルによるサブ端末の持ち方 »