« iPhoneは……SoftBankだ! | トップページ | iPhone3Gの利用料金を検証してみる »

2008.06.10

現れたのはiPhone 3G

WWDCにて、しっかりと発表されました。その名も「iPhone 3G」。実にストレート。ハードウェアスペックも、基本的には2G版を踏襲したもので、ハーフVGAの全面パネルに200万画素のカメラ。新たに追加されたのが、GPS機能ですね。バッテリ周りも改善されてるようです。そんだけ。

ハード的なサプライズはありませんね。2G版のiPhoneが出たときでさえ、日本の携帯電話市場においては、圧倒的な優位面を見せるところはマルチタッチインターフェイスくらいなもので、今回に至ってはがっかりと言ってしまっても良いかも知れないです。で、一年経ったところでソフトウェア面での圧倒的な優位面は揺らいでおらず、世に現れたのはなんちゃってiPhoneばっかりでした。

さてさて、これは売れるぞ!実際は売れないんじゃない?と意見が飛び交う日本でのiPhone展開は、こちら驚きの7/11から。値段も驚きの、8GBで199ドル程度、16GBで299ドル程度を同等価格。早いし、安い。これは、売れそうです。

これはちょっと感覚が違うんですよ。ワンセグはない、おサイフケータイも使えない、ディスプレイの解像度は低い、カメラもしょぼい、外部メモリに対応しない、パソコンがないと使えない、ハードキーがなく頻繁なメール打ちに不安、ストラップホールがない、これだけ挙げると「一番売れそうな層」には売れないんじゃないかと思ってしまいますね。そもそもスマートフォン的位置付けですしね。

でも安く買えちゃいます。ビバ!二台持ち!です。日本ではiPodが普及し、iPod touchが発売された流れから、iPhone 3Gというのは、位置付け的にはiPod touchに携帯電話の通信機能が内蔵されたものと考えても良さそうです。つまり、本当の次世代iPod。そうすると、iPod touchはこんなにも高機能で楽しい機能満載なのに、無線LANが使えないと多くの機能がスポイルされてしまう!と言うフラストレーションが一気に解消されたアイテムになるのです。

「日本のケータイ」としては微妙な位置付けのiPhoneですが、「どこでもネットに繋がり電話もできるiPod」と言う位置付けであれば、こんなに素晴らしいモノはありません。今までとは違った意味での二台目需要が喚起できそうです。

そこで問題になるのが料金プラン。今回言及はされなかったようですが、やはりホワイトプランを中心にスマートフォン向けのプランを設定するようで、単純に考えると、ホワイトプラン980円+S!ベーシックパック315円+パケットし放題(PCサイトダイレクト)9800円と、ここへ来てかなり敷居の高いモノになってしまいます。さて、ソフトバンクはサプライズを打ち出してくるでしょうか。発売が来月である今、それが明らかになるのはそれほど先のことではありません。期待したいところですね!

|

« iPhoneは……SoftBankだ! | トップページ | iPhone3Gの利用料金を検証してみる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現れたのはiPhone 3G:

« iPhoneは……SoftBankだ! | トップページ | iPhone3Gの利用料金を検証してみる »