« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.10

振ってシャッフルのiPod nano

例のごとく、新しいiPodのラインアップが発表・発売されました。併せて、お気に入りの曲をもとにおすすめの曲を探してくれる、Geniusと言う機能が追加されたiTunes8も公開です。

新しいiPod nanoはリーク通りのようです。サイズは縦長に戻り、ディスプレイは縦長に配置されていますね。横向き表示に対応することへの抜かりはなく、加速度センサを内蔵することで本体の向きを変えるだけで画面も追従するとか。さらに加速度センサを活かして、本体を「シェイク」することで「シャッフル」するという、なんともエモーショナルな操作を実現しています。アップルらしい!今回のラインアップで特徴的なのは、このiPod nanoでしょうか。容量は8GBと16GB。touchはいらねーけど、16GBが欲しいって人への福音ですね。そしてとってもカラフル。

iPod touchとiPod classicはマイナーチェンジっぽいですね。iPod touchの方は、iPhone3G的なデザインになって、音量ボタンとスピーカが内蔵されてるさまはさらにiPhoneらしくなってしまいました。携帯ゲームマシンとして扱ったときの考慮でしょうか。あと、Nike+iPodのレシーバが内蔵されたようです。そういえば、iPod touchってNike+iPodに対応してなかったんですね。で、iPod classicは、容量が120GBへ一本化、です。160GBが無くなってしまったってのも妙な話です。

他にもちょこちょこありますけど、だいたいこんなとこですかね。メインはiPod nanoっぽいです。ちょっと良いな?と思っても、iPhoneやiPod touchユーザ的には、大きなトピックではなかったです。

ちなみに、iPhoneもiPod touchも、ファームウェアが2.1へのアップデートがなされます。Geniusへの対応とたくさんのバグフィックス、って感じですね。チラチラ上がってるレポートによると、2.0.2からだいぶ快適になっているとのこと。Geniusより安定性の強化の方がメインのイメージがありますよ。2.xからのアップデートは無料。Nike+iPodは対応しないんですね。使わないけどなんか悔しい。とは言え、iPhoneと同様のプラットフォームであるiPod touchは、1年前の製品でも陳腐化することなく、アップデートによって最新の機能を使えるというのは嬉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリモバイルによるサブ端末の持ち方

ソフトバンクモバイルは、3Gサービスにおいてプリペイド方式の販売も行っています。サービス開始当初は端末が9,975円したものの、現在では値下げが行われて5,880円で端末を購入することが出来ます。また、プリモバイル向けに販売される端末は、通常契約端末として販売されているものと全く同一で、契約と同時に貸与されるSIMが、「プリペイド用のSIM」であると言った違いがあるだけです。

つまり、これを購入して、通常契約のSIMを挿入すれば、ある種の機種変更が白ロム購入などというリスクなしでなおかつ安価に出来てしまう、と言うことです。もっとも、プリモバイル向けにはシンプルでスリムな端末が指定されることが多いので、重厚長大な高機能端末ユーザにとっては、サブ端末として持つと言う前提ですけどね。

なんでこんな話を突然し出したかというと、春モデルとして発売された822Pがいきなりプリモバイル端末として発売されたからなのです。デザイン性に溢れたストレート端末として発売されましたが、電源周りの不具合や洗練されてないソフトウェアで、見た目だけの評価という不遇の端末のようですが、それでも6,000円程度で手に入ってしまうと思えば欲しくなるもんです。他の特徴と言えば、200万画素のAFカメラ、Bluetooth対応ってトコですかね。ちなみに、カメラはやはり見た目のスペックはそれなりでもイマイチで、BluetoothはA2DPに対応してないのでワイヤレスで音楽を聴くことは出来ません。

そんな微妙な魅力と経緯もあってか、妙な売れ行きを見せています。みんなプリペイド契約するの?って言うくらいもの凄い売れてるっぽい印象です。名古屋の直営店では、販売当日に数十台が完売してしまったとのこと。オンラインショップもならんでもものの数時間で売り切れてしまいます。ホントにそんなに使うの?いやいや、こうして私のようにサブ端末として持つ人もいるでしょうが、目立つのは転売人、です。半年前に出たものですから、白ロムとしてオークションに流せば、このような事情を知らぬ人にはそれなりの値段で売れてしまうようです。利益率100%超とか。何台も購入して転売。なんとも釈然としない話です。私もサブ端末として欲しいのに、そんな妙な売れ行きのおかげで買い損ねるところでした。プリモバイルとして発売されたのは8月の末なんですが、2週間ほど経った今では、どこを探してもほとんど見つからないようです。ともあれ、今後も適当なシンプル端末がプリモバイル端末として放流されることは当然あるでしょうから、サブ端末や何気なしの機種変更的行為を目的として、オンラインショップなどを覗いてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、プリモバイルとしての本来の使い方も、割と使い出があるかと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »