« プリモバイルによるサブ端末の持ち方 | トップページ | ニンテンドーDSiだとか »

2008.09.10

振ってシャッフルのiPod nano

例のごとく、新しいiPodのラインアップが発表・発売されました。併せて、お気に入りの曲をもとにおすすめの曲を探してくれる、Geniusと言う機能が追加されたiTunes8も公開です。

新しいiPod nanoはリーク通りのようです。サイズは縦長に戻り、ディスプレイは縦長に配置されていますね。横向き表示に対応することへの抜かりはなく、加速度センサを内蔵することで本体の向きを変えるだけで画面も追従するとか。さらに加速度センサを活かして、本体を「シェイク」することで「シャッフル」するという、なんともエモーショナルな操作を実現しています。アップルらしい!今回のラインアップで特徴的なのは、このiPod nanoでしょうか。容量は8GBと16GB。touchはいらねーけど、16GBが欲しいって人への福音ですね。そしてとってもカラフル。

iPod touchとiPod classicはマイナーチェンジっぽいですね。iPod touchの方は、iPhone3G的なデザインになって、音量ボタンとスピーカが内蔵されてるさまはさらにiPhoneらしくなってしまいました。携帯ゲームマシンとして扱ったときの考慮でしょうか。あと、Nike+iPodのレシーバが内蔵されたようです。そういえば、iPod touchってNike+iPodに対応してなかったんですね。で、iPod classicは、容量が120GBへ一本化、です。160GBが無くなってしまったってのも妙な話です。

他にもちょこちょこありますけど、だいたいこんなとこですかね。メインはiPod nanoっぽいです。ちょっと良いな?と思っても、iPhoneやiPod touchユーザ的には、大きなトピックではなかったです。

ちなみに、iPhoneもiPod touchも、ファームウェアが2.1へのアップデートがなされます。Geniusへの対応とたくさんのバグフィックス、って感じですね。チラチラ上がってるレポートによると、2.0.2からだいぶ快適になっているとのこと。Geniusより安定性の強化の方がメインのイメージがありますよ。2.xからのアップデートは無料。Nike+iPodは対応しないんですね。使わないけどなんか悔しい。とは言え、iPhoneと同様のプラットフォームであるiPod touchは、1年前の製品でも陳腐化することなく、アップデートによって最新の機能を使えるというのは嬉しいものです。

|

« プリモバイルによるサブ端末の持ち方 | トップページ | ニンテンドーDSiだとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/42437367

この記事へのトラックバック一覧です: 振ってシャッフルのiPod nano:

« プリモバイルによるサブ端末の持ち方 | トップページ | ニンテンドーDSiだとか »