« 2008年12月 | トップページ | 2009年8月 »

2009.07.30

秋山澪(CV:日笠陽子)

アニメ「けいおん!」の劇中かソング集、放課後ティータイムがやけに売れたそうですね。って私も買った一人ですが。いや、ホントはiTunesでほほいと買って済ませようと思ってたんですが、Disc2のライブバージョンは売られてなかったので、しょうがなく(ツンデレ的な意味で)。

とりあえず4曲聴ければいいやと思ってたんですが、ライブバージョンの方は澪が歌ってるパターンがあるそうじゃないですか、って事で買うことにしたんですよ。なんだおまえも澪スキーかって言われて否定することは出来ませんけど、その声と歌唱力にも惚れ込んでしまいました。

そもそも元を正せば、声優日笠陽子という名前を知ったのは、QMA6のサツキ先生の声が、ユウと分離することで新たにキャストが振られて日笠陽子になる、って連呼するヤツがいたことによる悪い印象で、サツキ先生が、佐藤利奈で間違いないと思っていたのに、そんなことを言うおかげで、日笠陽子という人はまったくこの話に無関係なのに、どうにも否定的なイメージが付いてしまっていたのです。ああ、この辺の話はQMAプレイヤーじゃないと意味分かんないと思いますが、そう言うもんだと思っといてください。

そこで、けいおん!ですよ。4人の中で良いな~、と思ったキャラが秋山澪、で日笠陽子。ああ、あの時のあの人か、って言うマイナスからのスタートだったんですが、大変好みの声でございまして、誠に申し訳ございません、と言わざるを得ない状況でした。まったく笑っちゃう情けない話。

さらに驚いたのが、劇中ライブでの「ふわふわ時間」が流れたとき。メリハリの効いた発声に心地よい低音、ほどよいビブラート、その他見え隠れする歌唱技術で、完全に立派なロックシンガーとして、カッコいい「歌」を聴かせてくれました。聴いてて気持ちいいんですよね。キャラソンでもその歌唱力を発揮してくれて、思わず聴き込んでしまいました。

と言うわけで最初に戻って、放課後ティータイム。「ふでペン~ボールペン~」なんかもうひねりの効いた歌詞も上手いなあと思いながら(書き手が手紙を書いている心情を筆ペンに託して語らせてる)、やっぱり聴き応えのあるのは唯の方ではなく澪の方でした。もちろん、唯の方はこれはこれで、唯らしいユル~い感じが味わいがあって良いんですよ。実にキャラソンらしいなあって言う感じも受けますし。

と、まあそんなわけで、今や打って変わって声優日笠陽子については、かなり好印象になったのでした。

いやまあ、こんなショーモナイ内容もつらつらだらだらと書きますよ、わたしゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.29

ニコニコ動画、あれれ?

なんだか最近ニコニコ生放送なるイベントが多いですよね。なんでだろう?

生放送だと、その時間に全裸で正座してみないといけないじゃないですか。全裸で正座は冗談として、時間が拘束されるわけですよ。

あれれ?

ネットによる動画視聴が流行った理由は、いつでも好きなときに面白いところをかいつまんでみられると言うオンデマンド性で、ニコニコ動画が爆発的にヒットしたのは、動画の時間軸に合わせてコメントを表示させることによって実時間に縛られずにコンテンツを観る時間を共有することの実現、だと思ってるんです。なのに、最近のニコニコ動画は、結構時間に縛られるイベントを多くやってる気がします。ただのユーザ投稿型メディアからの脱却を図ろうとしているんでしょうか?「時間」によって希少性を出すことは、動画サイトでは求めていけないと思ってるので、最近の動向には疑問を感じてなりません。

ニッチなテーマを扱い、一般のメディアでは触れにくい話題にも触れられる、と言う利点はあっても、配信能力が圧倒的に非力で、タイムシフトは簡単には実現できずにオンデマンド性すら排除しているこの状態、ニコニコ動画がどこを向いているのかわかんないですよ。

個人的な話ですけど、一番がっかりしたのは、放送局が極端に少ない「ティアーズ・トゥ・ティアラ」のアニメが、ニコニコ動画で配信されるに当たって、テレビ放送へ追い付くための追っかけ配信が、観られない時間帯に生放送で行われたことなんですよね。現在テレビ放送に合わせて各話1週間限定の無料配信がされてますが、追い付けていないので全くの無駄になってしまっています。いやまあこれが言いたかっただけなんですが。

それにしても、動画サイトってのは、放送地域の穴による繋がらない線、見逃しによる切れてしまった線を繋げることが出来るのが強み、テレビ放送の下支えになる相互補完の形をとるのが、今のところのベストな形だと思っています。

ずいぶん前から言われてきたままですが。それを脱却して、テレビは終わっただの戦うほどのレベルには、まだなっていないのではないと思うんですよね、お互い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「初音ミク -Project DIVA -」一通り終えて

かの有名なボーカロイド初音ミクをフィーチャーした音ゲー……いや、リズムゲーですね。ボーカロイド初音ミクの爆発的ヒットの礎となったニコニコ動画で数多く再生されたあの曲やあの曲、そしてオリジナルに起こされた曲にあわせて、ポリゴンによる初音ミクがやけに艶めかしいと言うか人間くさいモーションデータで踊ってくれるのが特徴です。モーションデータのアクターが13歳の女の子だった、ってのも少し前に話題になりましたね。

曲にあわせて表示されるマーカーと同じマークのボタンを押して、曲にノリながらハイスコアを目指す、なんて言うお手軽で楽しいゲームでした。

そんなわけで、まずは全曲NORMALではあれどGREATまでプレイし、残るモジュールは条件が「特定キャラで全曲GREAT or STANDARD5回」の水着と、「全曲HARDでGREAT」を残して一通り集め終えたので、気になった点なぞを書いてみようかと思います。なお、ミクルームやエディット機能については、あまり触ってないので。

判定タイミングとボタン音

リズムに合わせてボタンを押すのでいわゆる「演奏感」ってのはないです。最初曲に合わせて押してるつもりがどうしてもまともな判定が出ずに、それなりに音ゲーをやってるのに、と言う小さなプライドをズタズタにしてくれました。やや遅れ目に押すと繋がるけどそれって曲に合わせてるのかな?なんかこの判定変だな?と思っていましたが、ボタン音をOFFにし、何度もプレイして微妙なタイミングを体で覚えてくくると、途端にコンボが繋がってくるようになりました。んー、これは正しいのか、変なのか、悩ましいままになってしまいました。

あとせっかくボタンを最大4つまで使うんだから、それぞれ違う音が振られてたほうが楽しいと思うんですけどね。尤も、音無にした方が圧倒的にプレイしやすくなるのから、まずはそこが問題のような気もしますけど。

モジュール条件と達成度

曲やモジュールを解禁するには、それなりの評価を出さねばなりません。ところが、この評価システムがまた納得いかないのです。評価基準はスコアによって行われるので、「大きなコンボは出来なかったけどミスはしなかった」ではGREAT評価が得られず、「多少のミスはあってもCHANCE TIMEを全繋ぎした」の方が得点が高くGREATの評価が得られるのです。これは最後まで納得がいきませんでした。

結局CHANCE TIMEさえちゃんとやれば、あとは適当でも問題ないなんてあんまりです。逆に、CHANCE TIMEを全繋ぎしないとスコアが伸びなくて、高難易度とされる曲よりもGREATを出すのが難しい、なんて曲もありました。

ちなみに、解禁条件には、ハイスコア何点以上、5回クリア、何コンボ以上、HARDでGREAT、特定モジュール特定条件でクリア、なんてのがあるんですが、クリア回数やコンボ数は曲の選択後、長いロードの後しか見られないのも不親切だと思いました。

曲の難易度

曲の難易度は「お手軽リズムゲー」として上手くできてる感じですね。全体的に優しく、難関とされる「初音ミクの消失」や「金の聖夜霜雪に朽ちて」も、NORMALならテンポとタイミングさえ掴めれば変な押し方もなく、単純な連打ばかりなのであっさりと高いスコアを叩き出せるようになります。

一方、HARD譜面については○×△□と4つのボタンの組み合わせになる上に、曲によってはNORMALと密度の違うシーケンスになって一気に難易度が上がり、手応えを感じさせてくれます。ここからようやく「攻略」という感覚が呼び起こされますね。

えーと、つまり、消失HARDは鬼連打過ぎて無理、聖夜HARDもあの単調でないマーカーの並びは厳しい、ってなもんです。

まとめ

と言う感じで、基本的にお手軽リズムゲーとして、初音ミクが歌う、ネットで有名な色んな曲を聴きながら楽しく遊べる、という点では大きく評価したいところですが、だからこそこういったシステム上出来になる点がポツポツ浮かんできてしまうんですよね。大ヒットだったということで、きっと続編も発売されるでしょう、今作ではちょとだけしか収録されなかったリン・レンやルカ、KAITOやMEIKOが歌う曲も沢山入ったより賑やかで工夫を凝らした作品になってくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.27

イラッと来るエントリー

こんな話今更かも知れませんけど。
ブログというのが一般的になって、何かしら情報を探そうと思って検索すると当たり前のように大量にブログのエントリーがヒットします。
やー、皆さん色々な意見があるんだろうねー、と思ってクリックすると、一次ソースのリリース文や二次ソースのニュースサイトの記事を引用してそこへのリンクが張られてるだけ、または「面白いのが発売されるようです。これは興味津々ですね。」なんてレベルの全く意味がなく引用の方が遥かに多いエントリーが結構な頻度で見つかります。
勘弁して欲しい。
あなたの感想はないのか?あなたはその製品に、なぜ、どんな風に、興味を持ってエントリーしようと思ったのか?個人で気軽に情報発信できるようになったという利点を享受したいのに、それはあんまりな内容です。アフィリエイト目的ならより一層気合いを入れて中身を書いてくださいよ、ね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノイズキャンセリングヘッドホンに興味がある

ノイズキャンセリングヘッドホンが盛り上がってる気がします。最初の盛り上がりは一部ヘッドホンステレオに積極的に採用し始めたところでしょうか、そして今は各社から、オーバーヘッド型もインナーイヤー型(カナル型)も発売・発表されています。

思えばソニーの初代機(MDR-NC10)を目にしたのは10年以上前ですね。あの頃の感じでは耳から突き出る集音マイクがかっこ悪かったり、それでいて効果が「良く分からない」でしたが、今の最新モデルを店頭で試用してみると、マイクはだいぶ小さくなり、その騒音抑制能力がハッキリと実感できたのが感動的でした。

そうなるとですね、欲しくなるわけですよ。基本的に外で使うのでインナーイヤータイプ。購入に当たって気にすべき事は、スペックはともかく実際にどのくらい抑制されてるように感じられるか、駆動するためのバッテリはどのくらい持ち、電源OFFでも通常のイヤホンとして使えるか、と言うのを満たせなければ、ノイズキャンセリングヘッドホンを買う意味が全くなくなってしまいます。

そして、もう一つ重要な点。騒音さえ抑制できればいいや、ではなく、音楽を聴くためにあるのだから、その音質だって重要なのです。普段1万円前後~のいわゆる「高級イヤホン」を使用している場合、やはり高音質を売りにしたモデルを選択肢として、回路の分の値段を考慮するとやはり2万円前後がスタートラインになりそうな気がします。これで、騒音がいまいち減らない上に音質がいまいち(または好みじゃない)だったら、がっかり感は凄まじいものです。

そして今気になっているのが、デノンの「AH-NC600」と、AKGの「K390NC」です。前者はノイズキャンセリング初参入でカタログスペックは凄いです。後者はAKGであるという点とiPhoneで使えるマイクとiPodのコントロールが可能である点がポイントです。発売後のレビューや実際に店頭で試してみて、購入を検討してみようと思っています。

ちなみに、ソニーの「MDR-NC300D」はやたら高い上に、バッテリが20時間しか持たず、電源OFFでは使えない、と言う、テクノロジーコンセプトモデルとしか思えないような困ったちゃんです。確かにその効果と機能は素晴らしいものがあり、運用性で使い物になるかはともかく、すげーものをとりあえず発売しちゃうのはソニーらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.26

「ただともプログラム」を利用しよう

iPhone 3GSを購入すべく、ソフトバンクショップに予約しに行ったとき、裏技的な方法を教えて貰えもしました。

例の新規加入で5,000円の商品券か巨大なお父さんストラップがもらえる(2009年夏の場合)「ただともプログラム」について、キャンペーンで案内されている適用方法では、4枚綴りのクーポン券を使って、

  • 複数人で同時契約する
  • 機変した人からクーポンをもらう
  • 家族からの紹介として同時に家族割引に加入する

と言う条件で案内されています。

どれもあまり条件に合致させ辛く、簡単には受けられないような感じがします。一見簡単に適用できそうな家族割引については、料金締め日が親回線に合わせられるので、Wホワイトオプションが強制となっているショップで契約するときなど、契約日によっては余計な出費を強いられるという微妙な欠点が出てきます。

そんな中、冒頭の「裏技的な方法」。

実は、「機種変更」も「家族割引適用」も、単なる「情報変更の一例に過ぎない」ようで、「既存回線に1つめのクーポンコードを登録」することが出来れば、他の手続きでも問題なかったのです。具体的に言えば、暗証番号の変更やオプションサービスの追加/削除などでも良いそうです。

結果的に、自分や友人などにソフトバンクユーザがいればよく、事実上、ほぼ無条件で「ただともプログラム」を適用できるのでした。裏技的な方法、と書きましたが、割とポピュラーな手段らしく、直営のショップでなくてもすんなりと話が通じました。もちろん、店員の知識に偏りのあるソフトバンクショップのこと、「何を訳の分からないことを言っているんだ?」という顔をされることもあるかもしれませんので、その時は店を変えて訪ねた方がよいと思います……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPhone OSにおける文字入力

いつでもどこでもインターネットに繋がる、SMS/MMSだってできる、つまり、文章の入力を頻繁に行うようになり、iPod touch時代では試してみただけに過ぎなかった、フリック入力というものにまともに向き合うことになりました。

iPhone OS 3.0での文字入力における目玉機能は、コピー/カット/ペースト機能の実現、日本語文節区切りの実現、iPhone 3GSでは処理速度そのものの高速化、となっているので、これだけできればまず不自由なく文章を入力できるだろう、って事です。

実際、もの凄く快適です。驚きの快適さです。

フリック入力は意外とすんなりと慣れることが出来ました。初めはそうでもないな、こんなもんかな、と思っていたのですが、いわゆるフツーのケータイでメールを送ろうとしたときに、ボタンでちまちま入力していくのがたまらなく億劫に感じるようになってしまったのです。

物理QWERTYキーを除いて、これに匹敵する快適な入力手段は存在し得ないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 3GSを買っていたのです

まもなく発売から1ヶ月が過ぎようとしていますね、iPhone 3GS。私も買いました、ようやく買いました。

去年iPhone 3Gをスルーした理由は、さらに1年前に発売されたiPod touchを買っていたからというのもあります。また、ウィルコムのAdvanced W-ZERO3[es]を買っていたというのもありますね。ともかく、ようやくiPhoneデビューしたってわけです。

初めてこのiPhone OSに触れるわけではないのでその感動というものは、今回はありませんです。ただ、iPhoneとiPod touchは似て非なるモノ、とはまさしくその通りで、いつでもどこでもインターネットに繋がっているのでiPod touchより積極的に弄ることになるため、iPhone OSのタッチインターフェイスにより多く触れることで、「操作におけるストレスの無さ」を感じ続けることになりました。

もちろん何もかもが良いというわけではありませんでした。

やはり解像度の低さは気になりますね。一画面にキッチリとたくさんの情報を表示する、というのが無理で、概略の縮小表示から拡大がスムーズに行えると言っても再描画で一呼吸の待ちに、ん?とさせられます。縮小表示時でもそれなりに文字が判別できる程度の解像度があればいいのですが、ある意味漢字圏特有の、ラテン文字圏にとってはオーバースペック的な問題かもしれません。

あとは思いの外電波の掴みが弱いこと。ソフトバンクは電波が弱い、などともっぱら言われてることが、今まで全く意に介していなかったのが、まさかiPhoneを手にしてそれを実感するようになるとは思ってもみませんでした。現在も910SHとの2台持ちになっているんですが、アンテナピクトで1~2レベルほど差があるようです。910SHが誤魔化してるのか、iPhoneが弱いのかは分かりませんが、割と頻繁に「繋がりません」と言われることがあって驚きました。

なんでも、発売されてすぐにOS3.1がベータテストに入ってるようで、また若干使い勝手が変わってくると思うとアップデートが待ち遠しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログへのモチベーションとか

んー、久々に更新するなぁ。まさか自分もこんな廃墟ブログを作り上げてしまうとは思ってもみなかったね。有料プラン使ってるのに。

で。

更新に対するモチベーションはなんだろう?と言うところを書いてみようかと思って。割と適当に語ってるようで、一応ここは、「誰でもない誰か」のために書いてたりするんですよ。とは言え反応がないからモチベーションが下がる、と言うわけではなく、反応がなくてもカウンタが回れば目を通されている、反応がなければ「思わずコメントを/トラックバックをしたくなるような記事」ではなかった、と言うだけで、そこら辺に関しては特になんとも感じてなかった(はず)なんですよね。

じゃあなんで更新が止まってしまったのか?モチベーションが保てなくなったのか?って考えると、やっぱり「めんどくさい」って言う意識が大きいんですね。なんで「めんどくさい」って思うんだろうな-、って考えると、別にこうやってとりとめもなくつらつらと文章を書き連ねるだけなら良いんですが、ベタHTMLを見ながら、ネタ元の記事に対して見出しに設定つつリンクを張って、とか、箇条書きをリストにして、とか、画像を貼り付けてレイアウトを調整して、なんて言う編集作業が段々邪魔くさく感じてきてしまうんですよ。冒頭に書いたように、「誰でもない誰か」つまり、一応「読み手」がいることは意識しているので、それなりの体裁を整えたいのに、思い通りに調整するにはシステムではなくHTMLを手で弄る必要が出てきて、なんでこんなトコまで面倒見なきゃなんねーんだ、などと思い始めて、あああああ、と発散しちゃって。当初の完全ベタHTML編集から、ある程度システムに任せてモチベーションを上げようと思った時期もあったのですが、結局生のHTMLを見て調整しないとどうにもならないなあ、って言う結論でした。

なので、そう言うことをそれほど意識せずに、だーっ、って書きっぱなしに出来るmixiの方は日記のエントリをポンポン上げてたりするんですよね。書き終わった後で、これはブログに載せた方が良かったなあ、って思う内容がいくつもありました。そのくらいの気分で書ける姿勢に持って行ければ、などと思いますが、どうにもこんな感じで長文になりがちなのも問題かもしれませんです。ああ、そうですね、気軽にそれほど長くない文章にまとめるスキルが足らないって奴かもしれません。「読み手」を意識しているのにもかかわらず、時間のない世の中さらっと流し読める文章でなきゃ読む気しませんからね。

さて、そんなスタイルを意識しつつ、今回からの更新、どれだけ続けられるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年8月 »