« 地震は怖かった | トップページ | iPhone3Gユーザには謝らなければならない »

2009.08.13

いまだ使い続けている、910SHの悩ましい問題

iPhone 3GSと併せて、910SHというかなり古い端末を使っています。コンテンツサービスとおサイフケータイという、悩ましい問題へのソリューションは2台持ちです。

ソフトバンクに買収される前の、持ち直しつつあったボーダフォン最後の遺伝子を持った端末、なんて言われたことがあったような無かったような?さすがに3年も前の端末になるのでスペックはかなり見劣りすることろはありますが、それでも「多段階光学3倍ズーム対応のAF500万画素CCDでメカシャッター」のカメラを搭載しているのは、それ以来発売されて無いんですよね。

シャープの端末は、最近になって光学センサにCCDを復活させてProPixと名付けてなかなか素晴らしいカメラを搭載してきてはいますが、いまだに光学ズームの復活はなされていないのです。やっぱり古い端末であるので撮影に当たっても色々気になる点はあります。でも、このデジカメライクなズーム操作を手放すのが耐えられないのです。早く復活してー!

もう一つ付きまとう問題は、バッテリです。

発売当初から言われてるのですが、電池パックに不具合があるのか、カメラモジュールがやたら電力を食うのか、またはその両方なのかは分かりませんが、電池パックの劣化が恐ろしく早いのです。最初は1年持ちませんでした。2個目は2年弱で同じような状況です(こっちは1年以上使えたので仕様上問題ないですが)。電池パックがぷっくり膨らんで蓋が閉まりにくくなる、俗に言う「妊娠」状態になり、待ち受けだけならそれなりに持つのに、写真を何枚か撮っていると撮影中に突然の電源断、再び電源を入れるとバッテリのピクトが2コとか1コとか、いつの間にか減っていることに気づかされる、と言う状態で、こうなると当然メールや通話も怪しくなります。つまり、フル充電から半日使えればいいかな、ってレベル。

電池パックを買い換えれば良いんでしょうが、3ヶ月もすれば秋冬モデルの発表もあるでしょう、今度こそ買い換えられるものが発表されれば、などと思いながら悶々としつつ電池の消費に怯えながら使い続けることになるのでした。

|

« 地震は怖かった | トップページ | iPhone3Gユーザには謝らなければならない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまだ使い続けている、910SHの悩ましい問題:

« 地震は怖かった | トップページ | iPhone3Gユーザには謝らなければならない »