« 秋山澪(CV:日笠陽子) | トップページ | アナログテレビが終わると煽ってる »

2009.08.01

さようならウィルコム

iPhone 3GSを買ったことですし、ついにウィルコムを解約してきました。

幸い名古屋には少し前にウィルコムプラザが出来たので、手続きについてはスムーズに出来るだろうと思い、これまた地味にレアなウィルコムカウンターではなくあえてウィルコムプラザに行って来ました。

契約開始は2年ほど前に、その頃はウィルコム定額プラン+リアルインターネットプラス、その1年後に始まった新つなぎ放題に変更しましたが、年間契約の利用期間を引き継ぐと言うことなので、さかのぼって連結した2年後の契約満了日が、7月31日なのでした。

来店して「解約をしたいのですが」と伝えたところ、特に嫌な顔をすることもなく、引き留めるための営業トークもなく(裏プラントか出てこないかなーとか思いましたが出ませんでした)、淡々と手続きが進んでいくかのように思えました。

が、先の新つなぎ放題の2年縛りの話で、「お客さまは変更してからまだ1年ほどしか経ってらっしゃらないので」などと言われてしまいます。ウィルコムプラザなのでそんな事は言われないだろうとは思ってましたが、やはり正しい知識は持っておくものです。「新つなぎ放題に変更しても、年間契約の契約期間が引き継がれるので、今日で満了のはずです、そのように通知も受けました」と説明すると、なにやら他の店員に相談したり、店員用のヘルプデスクか何かに電話で聞き直して、「申し訳ございませんでした、契約解除料は発生しません」と、ようやく解約手続きを進めることが出来ました。

念のために印鑑も持って行ったのですが、サインで済んで手続きは完了。実にあっけないものです。残念ながら、今のPHSを契約を続けるには魅力が少ないです。消極的な解約とも言えるでしょう。なので、店員さんには「いままでありがとうございました」と一言添えて店を出てきました。

噂の「黒耳」が発売されていれば、マルチセッションに対応していれば、あるいはXGPがもっと早くサービスインしてなおかつ、W-SIM形状のものがあれば、など、本当に惜しいことだらけで切なくなってくるウィルコム、決して見限ったわけではなく、今の状況から復活して魅力を感じさせてくれるようであれば、また契約したいと思っています。

|

« 秋山澪(CV:日笠陽子) | トップページ | アナログテレビが終わると煽ってる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようならウィルコム:

« 秋山澪(CV:日笠陽子) | トップページ | アナログテレビが終わると煽ってる »