« エンドレスエイト何回目? | トップページ | なんだかんだでDQ9はヒットしているらしい »

2009.08.07

安価なバッグインボックスワインを試してみる

ワインっつーのは実に悩ましい飲み物です。

なんか難しいとか、高いとか、そう言うのを置いといて、ある意味飲みにくいんですよね。なんでかって言うと、基本的に1瓶1日で空けちゃわないといけないから。フルボトルで750mlです。アルコール度は14%前後と、決して低いわけではないので、なんでもない日にふと、ちょっとだけ飲みたくなって、って言うにはちょっとしんどいです。

で、安いのがいろいろ売ってる中でちょっと気になったのが、バッグインボックスのワイン。2Lとか3Lとか箱形でノズルが出てきて注げるようなヤツ。曰く、空気が入らないような構造になってるから、封を切っても長持ちをするとか。確かに抜栓(開封)後の最大の問題は酸化なので、そう言う構造なら良いんじゃないかって思います、そもそもの味は期待できませんけど。

で、買ってきたのが、「カステル・ヴュー・パープ」って奴。値段からしてなかなか素敵でしょ?まさにお手軽ワインてカテゴリです。

いやいやまったくよくできてますね。香りはそれなりにワインらしく華やかで、渋みが抑えめ酸味が心地よくほんのり甘い、軽いのになんかそれっぽい、そして変なクセがなくて本当に飲みやすい。しかもこれ、冷蔵庫に入れておいてそのまま飲むくらいに冷やした方が美味しく飲めるのも、さらにお手軽さを感じます。ちょっとこのクラスのワインをなめてましたよ。これはこれでアリ、ビールと同じような感覚ですね。

|

« エンドレスエイト何回目? | トップページ | なんだかんだでDQ9はヒットしているらしい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安価なバッグインボックスワインを試してみる:

« エンドレスエイト何回目? | トップページ | なんだかんだでDQ9はヒットしているらしい »