« iPhone向けに、こんなBluetoothアクセサリが欲しいんだ | トップページ | 新しいウォークマンだって! »

2009.09.10

ジョブズの復活とカメラ付き

感慨深いですね。私は生粋のアップル、そしてジョブズのファンというわけでもないのですが、「20代の自動車事故で亡くなった男性から肝臓移植を受けたおかげだ」と言う事実を改めて本人から口にされ、再び発表会の場で姿を見せたというのは何とも言えない気持ちになります。

そんなわけで、iPodの新製品としては、パワーアップしたiPod touchと、カラーバリエーションの増えたiPod shuffle、容量が増えてなんとか生き残ったiPod classic、そして「One more thing...」のカメラ付きとなったiPod nanoが発表されました。

んじゃあ個人的な雑感を。

iPod touch。容量が増えたのは既定路線ですが、iPod nanoと違ってカメラが付かなかったのは意外でした(事前の噂もありましたし)。ちなみに、64GB/32GBモデルは、OpenGL ES 2.0対応とか音声コマンド対応とかで、iPhone 3GS相当のものであると言えます。DSiやPSPを引き合いに出して携帯ゲームのプラットフォームとしてもプッシュしているアップルですが、App Storeで大きな市場を作っても、iPhoneを契約したくない/出来ない人たちに向けてゲームなどを売る手段としての意味合いも強いみたいですね。

iPod nano。今やiPodの主力と言えばこれですよね。基本的なデザインが変わらないながらも、ディスプレイの解像度が若干上がり(240×376)、スピーカを内蔵し、カメラを搭載し、FMラジオも聴けるようになりました!しかもなんと16GBが17,800円というお買い得な価格設定!……なんて言うとアップルのiPodらしくない感じがしますが。

FMラジオ機能で面白いところは、「ライブポーズ」って言うヤツで、最大15分間「ちょっと待った」が出来る、タイムスリップ機能が付いてることですね。もっとも、FMラジオのあり方がアメリカと日本ではずいぶん違って、利用できる機能(RDSやiTunes Tagging)も無いことから、日本では単なるおまけ機能に過ぎない感じがします。日本においては「陳腐なおまけ機能」ってイメージが付いてiPodのイメージからするとイマイチなんですが-。

それから、カメラです。カメラ。カメラはこっちに付きました。しかもにわかには信じられなかったのですが、静止画を撮影することは出来ずに、動画だけだそうで。何の意図が?やはりこれは、iPod touchとの差別化を図るための機能でありながら、静止画の撮影に耐えうる性能(フォーカスや解像度)を持ったものは内蔵できないが、動画としてなら行けると言うことらしく。VGAで30fpsと手軽に撮っても、観るにはそれなりと、使いでのあるムービーカメラっぽいです。意外と面白いかも。

iPod shuffle。カラーバリエーションの追加ですね。サードパーティのリモコン付きヘッドフォンでの操作も対応になったようで、あの白いイヤホンじゃなくても使えるなら、あの小ささは何とも魅力的だなあって感じがします。

iPod classicについてはもう、「とにかく大量の音楽を突っ込む!!!」ってヤツですね。HDDの容量が拡大するままに細々と続いていくのでしょうか。

と、まあ、そんな感じです。相変わらずやりますね。ただの音楽プレーヤだけじゃありません!と言う方向性を示しています。

対するソニーのウォークマンは、音質を武器に力を増してきていますので、音質の追求の方にも舵を取ってもらいたいところです。

あと、ソフトウェアとしては、iPhone OS 3.1と、iTunes 9の提供が開始。ここでは書きませんけど、iTunes 9の出来が素晴らしい。特に、ストアがらみのインターフェイスは、今まで何をサボってたんだというくらい素敵なアップデートでした。

|

« iPhone向けに、こんなBluetoothアクセサリが欲しいんだ | トップページ | 新しいウォークマンだって! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/791/46177249

この記事へのトラックバック一覧です: ジョブズの復活とカメラ付き:

« iPhone向けに、こんなBluetoothアクセサリが欲しいんだ | トップページ | 新しいウォークマンだって! »