2010.05.21

「光の道」構想は実はものすごくシンプルな話なのかな。

先日の、孫正義氏と佐々木俊尚氏のUSTREAMでの討論(いや、どっちかというと佐々木氏が聞き手の孫氏トークショー)はなかなかエキサイティングでし たね。お互い向かう方向は同じなれど、いくつか食い違うところ、全く同調して吠え合うところ、と、見所満載でした。

そんな「光の道」について、上 に乗っかるプラットフォーム/サービスや、お金の話とか全部置いといて、もっともっとプリミティブな部分全世帯に光ファイバーを敷設すると言うことだ けに注目すると、実はとてもシンプルで真っ当な話であることがわかりました。

「光ファイバーで高速インターネット」って言うと、いかにも付加的な サービスで、今メタル線で電話も出来るしADSLだって使えるじゃん!誰もが使いもしないインターネットのためにファイバー引くなんて無駄じゃん!って話 になるわけですが、ただ単に、メタル線を光ファイバーに置き換えると言うだけの話なのですね。

メタル線をせっせと保守するくらいなら張り替え ちまえ!と。その上に乗っかるサービスが、ただの電話だけでも構わないし、100Mbps/1Gbpsのインターネット接続サービスだって構わないし、将来的にはさ らに速いサービスだって実現できる、そもそもいらない人は使わなければいい、それは、今メタル線で電話とあらゆる速度のADSLがサービスされているのと本 質的には変わらないわけですから、将来的なキャパシティと保守に関わる費用や安定性を考えたら、さっさとやってしまった方が良いのでしょう。

これが本質なのかな、と感じていますが、はて、孫氏の言うような未来は実現するのでしょうか。あ、いや、「未来」等という単語を使うほど先の話であってはいけないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.10

結局日本のiPadはSIMロックがかかってるそうで

哀れドコモ……。

結果的に、3G版は事実上ソフトバンクの独占販売となりました。要はiPhoneと一緒。でも考えてみれば、3G通信モジュール内蔵のモバイルノートPCも似たような契約形態になるわけで、「iPadはSIMフリーだ!」と騒がれた割に落ち着くところに落ち着いたような感じもします。

なんにせよ、ソフトバンクアレルギーのない人にとってはなんの抵抗もなく、いつものように「私が大好きなこのデバイスをみんなも使ってよ。ただ、安くする代わりに2年間は使い続けて下さいね」と言う状況が完成しました。

今後ドコモは、この状況の中、どのような動きを見せるのか少し気になるところです。公式声明なり何なりあるのかなあ。たとえば5/18日の新商品・新サービス発表会の場で。

ま、それはそれで良いんですけど、ちょっと面白くありませんねえ。気にくわない、と言う意味での面白くないじゃなくて、キャリア間の綱引きが起こらなくてつまんないなあ、って意味ですよ。イギリスなんか、こんな状態です。ぶっちゃけ日本の方がお得に使えるんですが、キャリアを選べるだけでなく利用シーンによって柔軟性がありつつ、その中でも競争が行われてるのが面白いです。O2の1日500MBまで2ポンドってのなんか良いですよね。でもめいっぱい使うかもしれないから、3GBや10GBプランも選択できるOrangeの方が良いかなあ、とか、あるじゃないですか。

あるいは、iPod touchみたいに、家電量販店でPocket Wi-Fiを巻き込んだぷち競争があるのかも知れませんね。ノートPC、携帯ゲーム機、etc.を相互に使おうと思うと結局選択肢がこれになる、なんて話もありますから。ただそこには、3G無し版では外出先で使うのに役立つGPSや電子コンパスが内蔵されない、という点に注意が必要だと思います。

と、とつとつと書いたところで、私はiPadを買う予定がないんですけどね。大変素晴らしいデバイスであり魅力を感じているのは確かですが、「iPhoneとPCの間のデバイスが必要な状況」ってのがそれほど多くないんですよね。買ってももてあましちゃいますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.08

iPadはソフトバンクから

なんかすっげー不思議な感じですね。

iPadの価格とか3G版の料金プラントかはいくらでも出てくるのでここでは触れませんけど、携帯電話キャリアと全く関係なく販売されて、3G版はSIMフリーであると思ってましたが、まるっきり違いました。iPhoneと同じく、ソフトバンクから販売され、やはり同じく分割払いやら契約期間やらが出てます。

アップルがiPadの販売を、アップル以外では「選定されたiPad正規販売店」と宣言されているところに、おや?と思ったのがこういうことだったのでしょうか。

さて、それではドコモ社長が「iPadはSIMロックフリーと聞いている。iPadでドコモ回線を使いたい人がいれば提供したい」と発言したことについてはどうなるのだろう?と言う疑問も浮かんできますね。

SIMロックがかかっているのか?Twitter上でも情報が錯綜してますが、ソフトバンクから販売されるものはロックがかかっていて、アップルストアで販売されるものはロックがかかっていないだとか、それはガセだとかよーわかりません。

ともかく、ドコモがiPad用SIMを提供したいと言っていて、もし提供可能でそれが実現するのであるならどのような形で結びつけられるのか、ソフトバンクと競合しうる状況になるのか、と言ったところは気になるところです。

えっと、ただこういう議論をする以前に、iPadの利用シーンに3Gネットワークが必要かどうか、大きなストレージが必要なのかどうか、と言ったところが疑問に思っているところなのですよ。つまり、外に持ち出して使うかどうか。個人的な感覚としては、屋内用のクラウド端末だという認識でいるので、「Wi-Fi 16GB版」以外はオーバースペックなんじゃないかなー?と言う風に思っているのです。3G版はGPS内蔵してたりするからそうでもないのかな?とも思いますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.08.25

Snow Leopardが出ますよ!

ついに完成したとか、唐突にフライングでインストールディスクが同梱されちゃったとか言う話が出てきたと思ったら、オンラインのアップルストアが「We'll be back soon.」になって、正式に注文受け付けを開始してちょっとした騒ぎに。いつものアップルらしさですねー。

28日に到着するように注文できるし、店頭でも28日から販売されるそうで、Leopardからのアップグレードは、わずか3,300円。こりゃあ買わない手はないです。各所で言われてるのが、Windowsと対比して、Windows 7は前回OS内部を大きく刷新したWindows Vistaをベースにチューニングしたもの、Snow Leopardは見た目こそそれほど変わらないが内部は大きく刷新されたもの、とのことで、ついにPowerPCサポートを打ち切ったり64bit対応を大きく広げたりなんやかんやといろいろやってるみたいです。あいにくMac OSのことは詳しくないのであまり語れませんが、雑誌やニュースサイトを追いながら弄くってみたいと思います。

で。注文はしていません。せっかくアップルストア栄に行ける環境に住んでいるのだから、店頭で買った方が楽しいじゃないですか。ハイタッチとかはしないと思いますけど。いやね、Leopard発売のときにも見に行って、当時はMac欲しいなあ、と思っていただけで持っていなかったので、Tシャツだけもらって帰ってきたんですが、今回はもう大手を振ってSnow Leopardのパッケージを持ってレジに並べますからね!今回もTシャツもらえるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.23

iTunes Cardを買おう

iTunesStoreで音楽やミュージックビデオ、iPhoneユーザやiPod touchユーザはアプリを買うことが出来ますが、決済にはクレジットカードが一般的。一応コンビニやアップル製品取扱店では、プリペイドタイプのiTunes Cardが売っていますが、クレジットカードを使わない/使えない人向けの……いやいや、そうとは限らないのですよ。

サークルKサンクスではカルワザクラブ会員向けに以前からほぼ定期的に、先日はファミリーマートでTポイント会員向けに、期間限定でiTunes Cardの20%割引キャンペーン販売を行っているんですよ。これを利用しない手はありません。3,000円分のカードだと、レジで値引き600円とか出てちょっとニヨッと来ますよ。

これで、なんだかんだで200円が標準価格になってしまったiTunesで購入する音楽だけでなく、地味に高いアプリだって2割引きで買うことが出来るわけです。

さてさてこのキャンペーン、今までの実績から言うと割と頻繁にやってるっぽいので、焦って沢山買わなくても、ある程度の枚数をまとめ買いしておけば充分でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.03

Appleからの、見事な釣られっぷり

かつて私は、そのデザインと機能の潔さと価格につけ込まれ、iPod shuffle(1G/512MB)を買いました。iTunesとiPodというコンセプト、そしてiTunesの使い方を覚えました。わずか1万円程度でAppleらしさの鱗片を「実感」し、それを受け入れることになりました。

続いて発表されたのは、iPod nano(1G/4GB)です。当時は驚くべき大容量のフラッシュメモリを搭載していながら低価格、iPodがiPodたるデザインを踏襲しながら実にスマート、そしてフル機能のiPodである、というのは大変な魅力でした。所詮はサブセットであるshuffleから抜け出すには十分すぎました。もはやこのときすでにAppleの術中にはまっていたと言って良いでしょう。shuffleは知人に譲り、私はnanoを手にしました。

Appleはまたも驚くべき事に、iPhoneを発表しマルチタッチに対応するディスプレイとジェスチャーによる操作を提案しました。残念ながら日本では発売されなかったものの、同じ技術を採用したiPod touchを発表しました。多少高価ではあるものの、この画期的なデジタルガジェットを触りたくてうずうずしている私にとってはわずかな迷いでしかありませんでした。nanoは、やはりまた別の知人に譲りました。

iPod touchを手にすることで、これまでと違うクリックホイールではない様々な操作をすることになりました。操作対象に直接影響を及ぼすインタラクションデザインに快感を覚えるのです。もはや迷うことなんてありません。この時点でMacを買うことに抵抗がなくなっていました。

そして、フルアルミボディのMacBookが発表されました。あのボタンの見えないマルチタッチ対応のトラックパッドを搭載し、スペック的にも申し分ない性能、イマイチWindowsでiTunesを使っていくのに危うさを感じていたというのもあって、買ってしまいました。さすがに長年Windowsを使っていたこともあって、親切なのか不親切なのか分からない、意外と痒いところに手が届かなかったりするのはありますが、全体がしっくり来る作りなのはやっぱりAppleらしいですね。

そして過去エントリの通り、iPhone 3GSが発表されたので、当然のように買うことにしました。もちろんこれは、先にtouchを使っていた慣れとフラストレーションというのもあり、出たら買うと言うことは決めていましたが、考えてみれば、shuffleで「この世界」のお試しをしたのと似ている状態です。そしてやはり、touchはさらに別の知人に譲りました。

さて、振り返ってみるとiPod shuffleから始まってついに、「Mac + iPhone」という典型的な組み合わせにまで至ってしまったのです。一つのプロダクトでありながら「お試し」をさせて、最終的にここまで釣られてしまったのです。決してApple信者のつもりはないはずなのに、今でも意識としては絶対的に優位なものではない、と思っているにもかかわらず、です。

「所有する喜び」だけでなく、「操作する快感」、そう、ストレスを感じないだけでなく快感を得られるというのはまったく恐ろしい、そこに対価を払う価値というものを見いだしてしまう私のような人が釣られていくのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.29

ニコニコ動画、あれれ?

なんだか最近ニコニコ生放送なるイベントが多いですよね。なんでだろう?

生放送だと、その時間に全裸で正座してみないといけないじゃないですか。全裸で正座は冗談として、時間が拘束されるわけですよ。

あれれ?

ネットによる動画視聴が流行った理由は、いつでも好きなときに面白いところをかいつまんでみられると言うオンデマンド性で、ニコニコ動画が爆発的にヒットしたのは、動画の時間軸に合わせてコメントを表示させることによって実時間に縛られずにコンテンツを観る時間を共有することの実現、だと思ってるんです。なのに、最近のニコニコ動画は、結構時間に縛られるイベントを多くやってる気がします。ただのユーザ投稿型メディアからの脱却を図ろうとしているんでしょうか?「時間」によって希少性を出すことは、動画サイトでは求めていけないと思ってるので、最近の動向には疑問を感じてなりません。

ニッチなテーマを扱い、一般のメディアでは触れにくい話題にも触れられる、と言う利点はあっても、配信能力が圧倒的に非力で、タイムシフトは簡単には実現できずにオンデマンド性すら排除しているこの状態、ニコニコ動画がどこを向いているのかわかんないですよ。

個人的な話ですけど、一番がっかりしたのは、放送局が極端に少ない「ティアーズ・トゥ・ティアラ」のアニメが、ニコニコ動画で配信されるに当たって、テレビ放送へ追い付くための追っかけ配信が、観られない時間帯に生放送で行われたことなんですよね。現在テレビ放送に合わせて各話1週間限定の無料配信がされてますが、追い付けていないので全くの無駄になってしまっています。いやまあこれが言いたかっただけなんですが。

それにしても、動画サイトってのは、放送地域の穴による繋がらない線、見逃しによる切れてしまった線を繋げることが出来るのが強み、テレビ放送の下支えになる相互補完の形をとるのが、今のところのベストな形だと思っています。

ずいぶん前から言われてきたままですが。それを脱却して、テレビは終わっただの戦うほどのレベルには、まだなっていないのではないと思うんですよね、お互い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

で、MacBook Airはどうよ?

ざっくり言えば、モバイルユースを重視したサブノートなMacですか。13.3インチワイドディスプレイで、そこそこ速いCPU(1.6GHz/1.8GHz)に2GBのメモリ、19.4mmととても薄く、1.36kgの軽いMacBookです。そうは言うものの、特別ビックリするようなスペックであるわけではなく、拡張性を犠牲にし、ユーザによるバッテリ交換を不可にして実現したわけですな。バッテリは公称5時間。

モバイルユースのサブノートと言えばLet's noteがあるので、「うわすげー」なんて驚くわけでもなく、Macであることが重要なんでしょうか。SSDモデルもあって何かすげー値段しますね。むしろ、MacBook Airの値段を見ると、目的が違うとはいえMacBookがえらくお買い得に見えてくるからある意味困ったもんです。

ところで、 CPUもグラフィックチップも新しいものがリリースされてるんですが、iMacの新しいのはまだなんですか?早く欲しいんですけど。いやあ、ホント、ここまで発売されてこないなら、LeopardのUp-to-Dateプログラムが開始されたときに買えば良かったなあ、と思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.29

iPod touchを使い始める

さてさて、日本語Windows環境における不具合については、「混種中のアップデータで対応する」とのことですが、これきっと、「今週中にiPhoneに大幅なアップデートを行う」のついでに実施されるんでしょうね。まあともかく、これで、iPhone もiTunes Wi-Fi Storeに対応したり多言語対応したりしていやっほーう!って、そんなのどうだって良いから日本人にさっさと修正アップデートかけろよ、とぐちぐち言っててもしょうがないので、PCエミュレータで英語環境を作って、そこでロック解除を行いました。というのは昨日までの話。iTunes7.4.3がリリースされて、iPhoneでもやはりiTunes Wi-Fi Storeが利用できるようなアップデートと共に、英語環境外でのiPod touchロック解除の問題が修正されています。

それにしても、そんなこともあっさり出来てしまう有用なソフトウェアが無料で利用できてしまうとは、良い時代になったもんです。何か窓の杜で、vmwareのダウンロードランキングがグッと上がってたりするのも、これの影響なんでしょうね。ちなみに、真偽は不明ですが、どこかしらで目にした話によると、日本語環境と言うより、非英語環境で発生する問題だそうで、9/13からこの不具合は確認されてるのに、アップルはなんのアクションも起こさず放置していたそうです。そしてアップルから直接のアナウンスもありません。こんな対応いつものアップルクオリティとは言いますが、iPod shuffleあたりからユーザになったのでよー分かりません。アップルファンはしっかり調教されてるようですね。私も、Leopardが発売されたら iMacを買うつもりでいるので、やっぱり調教されてしまうようです。

それはさておき、紆余曲折あれど、「ついに ねんがんの あいぽっどたっちを てにいれたぞ!」な状態になったわけですが、いやはや、すばらしいですな。何かもう触ってるだけで楽しい。画面と指との一体感がここまで快感をもたらしてくれるとは。指ではじく「フリック」が素晴らしすぎますね。日本での通称"くぱぁ"のピンチイン/アウト、画面の縦横追従なんかもありますけど、もうとにかくフリックが気持ちよすぎます。でも微妙に練られて無い感というか、気になる点はいくつか見つかるもので、画面サイズというか本体サイズの大きさから、タッチすべきところが遠いんですよ。片手で操作するにはちいと辛い。もともと想定されてないんだろうか?それから、プレイリストやアルバムの所から直接1曲目から再生することは出来ないのかな?必ず中に入って一番上をタップして再生してるけど、何か違和感がある。でもそれらしいボタンや表示が見あたらないような?階層を一段戻るとかもないところが気になります。ホームボタンを押してホームに戻るしかないところが色んな所に。クリックホイールなiPod では出来ない操作ができるようになったかわりに、逆に出来なくなった操作も……というか、根本的に違うので出来て当たり前なところが出来ないのがもどかしいですね。それと、当然ながら全面フラットなタッチパネルなので、手探りで操作すべき場所を見つけることは出来ず、必ず画面を見ながら操作しなければならないです。移動中ちょっと怖いです。

そうそう、iPod touchの目玉機能の一つである「iTunes Wi-Fi Store」使ってみましたよ。先日、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見てきた関係で、例の主題歌が欲しくなって、じゃあせっかくだからtouchが届いたら買ってみよう、と。アカウント設定はiTunesで行います。それと比もづけられて購入するわけですね。検索して試聴が出来るところはiTunesでのstoreと変わりません。Plusを有効にしてあるので、Plusの表示と値段でボタンがあって、クリックして購入。あまりもあっさり買えすぎてしまうのでこれまた怖いですが、外出先でも買ってしまえる敷居の低さは素晴らしいですね。って、最近の若いモンはケータイで着うたフルでしたっけ。全然新しく無いじゃん。あは。

さて、肝心の音質ですが、発売前に海外のレポートが翻訳されてるのを見て、「どうやら5G iPodより音質が劣ってるらしいぞ」と不安でいっぱいでしたが、全然そうではなかったです。まあ私の耳がへっぽこだという可能性は大いに否定できないところはありますが。使用イヤホンは、ソニーのMDR-EX90SLで、適当なソースとしてAACで192kbpsVBRと256kbpsCBR(iTunesPlus)、MP3の192kbpsなんかをホイホイ再生してみました。よく言えば元気な音、悪く言えばドンシャリ気味と言った感じでしょうか。先に各所で目にした"ヴェールをかぶせたような感じ"はなく、クリアでエッジのきいたスムーズな音ですね。肉声の高音域もすうっとストレス無く伸びますし、定位もがっちり決まってそれぞれの楽器の一がハッキリ分かって全然不満がないです。

やはり微妙に全体的に気になる点はありますが、これは「持っててウレシイ」デバイスですね。無条件にオススメできない理由は、決して安いとは言えない絶対的な価格でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

iPod touchが届いているわけですが

あのiPhoneと同じUIを備えた全く新しいiPodで話題沸騰、iPod touchですよー!日本のストアでは9/28までに発送と書いてありましたが、9/22に発送され、9/23に到着しました。やった!連休中にセットアップで連休明けから使えるよ!

と。

土曜日から日曜にかけて遊びに出かけていたので、家に帰ってからセットアップする事になるのですが、さしあたって同じく到着した人たちがどんな風にいじっているのか、どんなレポートが上がっているのか、そんなところが気になって、ヤマトの配送ステータスをチェックしながら、2chをチェックしまくりんぐ。

どうやら、日本語Windows環境では使用開始出来ない不具合があるらしい。なんじゃそりゃ。たった一度だけ、Macに接続してやればロックが解除されて、日本語WIndows環境でも使えるようになるそうだ。英語Windows環境でも問題は起こってない、とか?英語環境をPCエミュレータ上で構築してロックの解除を行うとか言う話もあるようだけど、様子見中(IE6/7検証用の実行環境が無料で提供されてるのでそれを利用できる)。

さらに、9/24現在でもiTunesのアップデートはなく、大手企業ニュースサイトで箱の件についての記事が一切無し。報道管制でも敷かれてるような状況でちょっと恐ろしい。

Image202 と言うわけで、開封して電源入れて、ここまで来て、おしまい。この画面を解除する事が、「ロック解除」と言われてるようだけど、どうやらiTunes側は認識できても、iPod touchにそれを反映できない(iTunesはしたつもりでいる?)のが今回の不具合のようですね。一応、上の電源ボタン長押しでシャットダウンが出来るんだけど、そこでちょっとだけtouchのUIらしさに振れる事が出来ました。……うう、切ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧