2009.08.07

安価なバッグインボックスワインを試してみる

ワインっつーのは実に悩ましい飲み物です。

なんか難しいとか、高いとか、そう言うのを置いといて、ある意味飲みにくいんですよね。なんでかって言うと、基本的に1瓶1日で空けちゃわないといけないから。フルボトルで750mlです。アルコール度は14%前後と、決して低いわけではないので、なんでもない日にふと、ちょっとだけ飲みたくなって、って言うにはちょっとしんどいです。

で、安いのがいろいろ売ってる中でちょっと気になったのが、バッグインボックスのワイン。2Lとか3Lとか箱形でノズルが出てきて注げるようなヤツ。曰く、空気が入らないような構造になってるから、封を切っても長持ちをするとか。確かに抜栓(開封)後の最大の問題は酸化なので、そう言う構造なら良いんじゃないかって思います、そもそもの味は期待できませんけど。

で、買ってきたのが、「カステル・ヴュー・パープ」って奴。値段からしてなかなか素敵でしょ?まさにお手軽ワインてカテゴリです。

いやいやまったくよくできてますね。香りはそれなりにワインらしく華やかで、渋みが抑えめ酸味が心地よくほんのり甘い、軽いのになんかそれっぽい、そして変なクセがなくて本当に飲みやすい。しかもこれ、冷蔵庫に入れておいてそのまま飲むくらいに冷やした方が美味しく飲めるのも、さらにお手軽さを感じます。ちょっとこのクラスのワインをなめてましたよ。これはこれでアリ、ビールと同じような感覚ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

今年もエノテカの福袋!

遅ればせながら明けましておめでとうございます。新年一発目の記事はこれにしようかなー、と漠然と思ってたもので。

前回の結果を踏まえて、無難かつなかなかお得感の高い上にサプライズも待ってるよ!なエノテカの福袋、今回も2万円でチョイス!チョイス!今回はどんなものが届くかな~?と、前回は12本用の箱に7本入っていたのが、今回は6本用の箱でちょっとがっくり。やっぱ値上がりしてるからかな……なんて思いつつ開封。値段はエノテカでの通常価格。

  • シャトー カロン セギュール [2003] 8,925円
  • ムタール ブリュット キュヴェ プレステージ [NV] 6,300円
  • フェルシナ フォンタッローロ [2001] 5,775円(イタリア)
  • フリーマン ロシアン リヴァー ヴァレー [2004] 6,825円(アメリカ)
  • モンテス アルファ "M" [2004] 9,450円(チリ)

本数少ないけど単価高いなあ。合計37,275円分。結局お得感は去年と遜色なしだが、飲みにくい。実に飲みにくい。一番高いのがチリワインってどーよ。チリワインでこの値段、化けモンワインちゃうの?また去年と同じくムタール入ってるけど、どうせ泡入れるなら違うのが良かったなあ。まあ一番困るのはカロン・セギュール。どうせすぐには飲めんけど、使えるようにしとけってワイン界からの新年のハッパがけか?

ちょっと別のところで、すぐに飲めそうな手頃なワインが詰まってそうなたくさん福袋買い足してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.11

エノテカの福袋到着!

とりあえず色々ワインを飲んでみような私にとって、この季節の福袋セールは願ったりかなったりのありがたいものです。さて、個人店ならともかく、エノテカだったらお得度は低くても、売れ残りや劣化品はなく、無難に組み合わせてくれるんじゃないか、とか思ってても、何故か本数が書いてなくて、迷っているうちに気軽に飲むのをまとめ買いするつもりで狙ってた、1万円の福袋が売り切れてしまいました。ちなみに、それより前に売れたのが10万円の福袋……みんなお金持てるなぁ。

仕方ないので(?)、2万円の福袋にしました。結果は以下の通り(値段はエノテカでの通常価格)。

  • シャトー ダルマイヤック [2003] 4,800円
  • シャトー ジスクール [2002] 4,900円
  • ムタール ブリュット キュヴェ プレステージ (シャンパーニュ) 6,300円
  • キャンティ クラシコ リゼルヴァ "フリマイオ" [2001] 3,400円
  • ソレンゴ アルジャーノ [2002] 9,800円
  • ビアン ディ ノーヴァ [2003] 3,500円
  • アルタ ルージュ [2001] 3,500円

7本で合計36,200円分……。マジですか。4,000円前後が6本くらい入ってりゃええかな、と思ったのに。こりゃ、なかなか気軽に飲めないなぁ。暖かくなる前にセラーに入らない分を飲んでいくつもりだったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

日本酒瓶型のUSBメモリ

ITmedia +D PCUPdate:“酒飲み専用”メモリ発売

かの有名な「蓬莱泉 空」のボトルを再現した形のUSBメモリの登場です。スシとかえびフライとか馬鹿なことやってるなー、と思ったら、今度は酒ですよ、酒。ここに来てなんで酒なんだ?と思ったら……。

同社製品スシ型USBメモリ「Sushi Disk」を見た酒造会社である関谷醸造が「スシには酒が必要だ」と提案したことから、コラボレーションが実現した。

だそうで。バカだなぁ、関谷酒造も(ほめ言葉)。「空」はうっとりするほど美味しいんですけど、結構手に入りにくい人気の日本酒なんですよね。こんな提案をするような遊び心もあって、ますます好感度アップです。とは言え、蔵元から買うには、直接予約しに出向いて、半年待ち、一年待ちは当たり前の状況のようです。久々に飲んでみたいなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.26

スターバックスカード

スタバによって明らかにエンゲル係数を引き上げられている今日この頃でございますが、タンブラーの導入に続いて、スターバックスカードを導入しました。タンブラーはドリンクが20円引きになるのに対して、カードは決済が楽になる以外のメリットはありません(後は自己満足とか)。小銭いらずで買い物ができるってのは、それで十分便利なんですが、なんかバリューが欲しいですねえ。

このカードは、残高が無くなればチャージできるので、EdyやSuicaみたいなのと同じようなもんです。ただ、磁気ストライプ式のカードなので、カード自体はID情報しか持ってない感じですね。ユーザとしてはどうでも良いことなんですが。

ちなみに、タンブラー同様、カードもいろんなデザインが発売されるようで、コレクターがいるようです。いやはや、恐ろしいですね。で、私が買ったのは、期間限定のイチローのカード。何でもこのカードを買うと200円が将来の子供達のために寄付されるそうです。キッチリ1,000円分使えるので、購入金額に寄付が含まれるのではなくて、売り上げの一部が寄付に当てられるって感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.01

まったりとソイラテ

豆乳はわりと好きな方だけど、牛乳のように何かと混ぜて飲むのが何となく許せなかったのです。幼少の頃、紙パック入りの豆乳で、コーヒー味とか抹茶味とか飲んで、独特の妙な風味がなんか記憶に残ってた、ってのもあったのかな。あれから調整豆乳の風味がどう変わったか、と言えば、飲みやすくなったのか、味覚が変わったのかはよく分かりませんが、昔よりすんなり飲める味になってますね。

そんなわけで何となく避けてたスタバのソイラテ。豆乳の風味にエスプレッソの風味は合うのか?との疑問を振り切って、とりあえずショートサイズを飲んでみることにしました。第六感が「豆乳で飲むならホットだろ」と叫んだので、ホットで。……ショートって時点でちょっとチキンだな、我ながら。

はい、結論。とても美味しい。豆乳の風味も悪くないし、牛乳より味にコシがあって豊か、ほわほわやわらかくて、ほんのりと感じる甘さも心地よい。きっと調整豆乳だから、自然な味わいかどうかを語るのはナンセンスだろうけど、やさしくもパワーのある味によって、濃厚なエスプレッソとのバランスは牛乳より勝ってるかも知れない、それほど感動的に美味しい。もともと農耕民族である日本人には、こっちの方が合ってるような気がするなー。しばらくハマりそうです。しかし、惜しむらくは、値段が+50円されることですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

スタバのショットはいくつまで減らせるか?

いや、最も薄くする手段は、ヴェンティの1ショットなんですけどね。と言うわけで、昨日に引き続いてカスタムオーダー。

「ヴェンティのラテで、ショット1つだけって出来ますか?」

「はい、できますよ。」

と、非常識に増やした時の変な不安もなく、減らしたがる人はいるだろうと思っていたので、難なく終了。ってか、しらない人も結構多いヴェンティサイズ頼むのに、不安そうにカスタムオーダーするのも妙な感じ。

バリスタへのかけ声は、「アイス シングル ヴェンティ ラテ~!」でした。ちなみに、シングルって言うときに、いつもの流れるような口調ではなくちょっと戸惑ってました。

そして今回のレシート。

1shot

あれ、ヴェンティの基本ショット数はトリプルのはず。この表記は、「ダブルをシングルにした」のか「ダブルにして更にシングルにした」のか……?

色は、コーヒーゼリーにミルクをかけたところ(?)のようなうっすらとしたコーヒー色。味はコーヒー風味を感じるミルクで、牛乳のニオイが苦手な人にも、コーヒーの苦みがダメな人にも安心して飲めそうな感じです。ヴェンティ600mlのうちエスプレッソがシングルで30mlなので、95%ミルクの優しい味わいです。

そうそう、私が普段オーダーするときは、お店もお勧めの「ダブルトールラテ」ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

スタバのショット追加はいくつまで行けるか?

夏の一人バツゲーム計画「ヴェンティでショットをマックスにしてみよう」と言っても、もともとヴェンティのラテは3ショットで、大方1つか2つだろうと思っていったのでした。と言うのも、事前調査で、アメリカーノ(エスプレッソを水かお湯割ったもの)は、ヴェンティで4ショット、そこに1ショット追加できると聞いたので。

「ヴェンティのラテで……えっと、ショットは最大いくつまで追加できますか?」

いくつでも追加できますけど。

いきなり出鼻をくじかれました。いくつでもって言われても困ります!!どうしよう?でも、せっかくいくつでも追加できるなら、それとなく多い方が良いよな。

「じゃあ…………4つ追加で。」

「それですと、もとのより多くなってしまうんですけど、よろしいですか?」

「はい」

これは、エスプレッソのショット数か、ミルクとの対比か、どっちだったのでしょう?ヴェンティが600mlで、エスプレッソが1ショット30mlだから、×7で210ml、言わずもがな、か。

もともと3つ入っていて、4つ追加ですと、7ショットになりますけど、よろしいですか?

「はい、いいです」

来たよ、7ショット。この時点でバカっぽい。何度も確認するあたり、ホント申し訳ないと思います。間違っちゃいませんので。

「それと、少しぬるくなってしまいますけど、よろしいですか?」

「はい、だいじょうぶです」

そりゃ、4つエスプレッソが入るんだから、当然ですよね。

レジの金額が640円まで加算。あ、もう1個追加しとけば良かったなぁ。

そして、レシート。

7shots

調理開始。当たり前ながら、普段より長い。なんだか長い間ミルの音が響いてるし。挙げ句の果てに、「もうしばらくお待ち下さいね。」なんて言われちゃうし。

「すいません、変なの頼んじゃって。」

にっこりと微笑んでくれました。と思います。苦笑かも知れませんが!

「おまたせしました、7ショットのアイスのスターバックスラテになります」

むむ、濃い。ミルクを入れたコーヒーのような色してますよ。

朝からたっぷりのラテは重いかなぁ、と思ったんですが、それ以上にエスプレッソが利いてて、そんなにミルクの重さないですね。とか言って飲んでる内に、なんか胃に来た気がしますけど。このねっとり舌にまとわりつくエスプレッソ感、たまりませんね。

どなたか、さらなる追加に挑戦してみませんか!?ヴェンティ10ショットでハーフになりますよ?ヴェンティ7ショットの1/3でこの濃さだから、想像するにおそろしや。

おっと、増やすだけじゃおもしろくない、明日は「ヴェンティ1ショットのみ」をやってみましょうか。……別の店舗で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.09

飲む速度<買う速度

最近ワイン買ってばっかです。ヤバいです。1本飲む間に2本くらい買ってると思います。今、セラー(安物直冷式)に入ってるのは……。

  • シノン[2000] フィリップ・アリエ
  • ポイヤック・ド・ラトゥール[2002](あのシャトー・ラトゥールのサード的ワイン。実はセカンドのレ・フォール・ド・ラトゥールは、たったの1.5倍ほどの値段で買える)
  • ラ・ダーム・ド・モンローズ[2002]
  • ブルゴーニュ・ルージュ[1999] ニコラ・ポテル
  • ル・オー・メドック・ド・ジスクール[1995]
  • ブルゴーニュ・パストゥグラン[2002] エマニュエル・ルジェ
  • ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ・ラ・ディゴワーヌ ヴィレーヌ[2002]
  • コノスル カベルネ・ソーヴィニオン リゼルヴァ[2004]

平均3,000円くらいですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

ワインにハマる

ずっと前にも飲んだことがあるんですが、最近になってまた気になりつつマンガの「神の雫」を読んで、さて、といった感じ。昔は知らなかったのか、今はちゃんと定着してるのか、結構しっかりしたワインショップを見かけるようになったので、ふらっと寄っては2,000~3,000円くらいのワインを適当に選んできては飲んでいます。作中に出てくるものを飲んでみたいと思うのは人の性、とは言え、とても手が出ない(出せない)ような高価なモノだったり、安価なものでもこんな感じでマンガに影響されて飲みたい人が殺到して、品切れ続出。シャトー・モン・ペラ2001なんかがその最たる例ですね。2002すら見かけません。ワインなんて星の数ほどあるので、出会いの妙というか、ワインショップで店員に聞いてその場で決めるってのが、今のところ良さそうです。いわゆる「初心者」ですし。しかし、毎週のように飲んでいては、安ワインとは言えフランスワインだと、日本酒なら吟醸酒が買えるような値段ですから、サイフに気をつけねばなりませんね。これで、五大シャトーなんかに手を出した日には、どうなることやら……(セカンドあたりなら……)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)