2006.10.26

まだすこし、分からない。――本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(後編)

結局どうなんだろう?ソフトバンク。わけがわからない。情報が錯綜している。発表された内容の即日改定、新プランの全容も、多分未だ完全には明らかになっていない。

今回発表されたのは、「新スーパーボーナス」の詳細。かんたんに言えば、旧スーパーボーナスが頭金+24ヶ月の割賦金と言う販売形式だったのが、頭金分を24ヶ月の割賦金に盛り込んだ形になったようだ。ってことで、お店で払うお金はゼロ円、だそうです。で、スーパーボーナス特別割引によって割賦金が割り引かれるので、事実上の負担はやっぱりゼロ。ただしハイエンド機種は相殺しきれず足が出た割賦金を24ヶ月間支払うことになるわけ。もちろんこれまでの機種変更と同様に、端末の利用期間によって端末代が変わってくるので、割賦金にも差がでてくる。結果、利用期間と購入する端末によっては、本当に端末代金を払うことが無くなってしまう

新スーパーボーナスで疑問点だったところは、自動でついてくる「スーパー安心パック」と「スーパー便利パック」の料金の問題だが、これは新スーパーボーナス加入特典としての"お試し期間"と言う扱いのようだ。必要がなければ、無料期間満了後に解除すればいいらしい。基本的には、「スーパー安心パック」については継続するのがよさそう。また、パケット定額サービスの「パケット放題」は、スーパーボーナスとは無関係に存在するサービスらしい。完全に別項目として紹介されている。では、オレンジやブルーにある定額サービスの意義は一体……?

そして新たに疑問点。スーパーボーナスの特典のうちに「頭金から最大10,500円割引」という物があるが、今回の発表により、頭金は0円になってしまった。さてどういうことだろう?10,500円割引が提示され、そこから24ヶ月の割賦払いと言うこと?

さらに、まだ分からないことが出てきた。"ある"のではなく、"出てきた"のだ。支払期間が24ヶ月のプランに加え、12ヶ月と18ヶ月のプランも用意するらしい。この場合月々上乗せして払う金額が出るそうだが、つまりこういうことだろうか?割賦金の分母が小さくなるが、特別割引額は変わらない、と。短期間で完済するのに損をする。考え方としては、長期間使い続けるという約束が相殺を生むと言うことだろか?24ヶ月分の特別割引を受けるのが一番得。短期間払いと途中解除による負担額が同じなら、短期間払いを選択する理由はなくなるな。

もう一つ出てきた分からない点。なんでも、もう一つの料金プランパターンを用意しているらしい。ネット上で広がっている仮称は「レッドプラン」。既存ユーザを対象にしたプランだとかなんとか。年内には発表予定。なんだよ、まだプラン変更できんじゃないか。日々進化するソフトバンクならさっさと決めてくれ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.24

本当にイヤな大人だな、ソフトバンク!(前編)

「予想外割(ニヤッ……)、商品名でございます。」、いつもの投げ捨てるような口調で「通話料ゼロ円。」

やってしまった。暗黙のうちに、それはいかんだろうという「キャンペーン中なら他社からの移行でも契約年数を引き継いで割引をします」との危険球。

MNP前日に何らかの発表があるらしいぞ、と言う噂は、数日前に店員向け講習会の連絡が来たことなどから現実味を帯び、結果発表されたのが「ゴールドプラン」「オレンジプラン」「ブループラン」の新しい料金体系。ゴールドプランは条件付きの通話料無料プラン、オレンジプランはauの料金体系を、ブループランはNTTドコモの料金体系を丸ごとパクったプランで更に210円安い。一言で言えばえげつない、本当にえげつない。正直これはどうよ?と思う。安くなるのは良い。モラルとかブランド感とか信頼性とかそう言うところが非常に問題。イヤな大人、今回はここがそう感じたのだった。

さて、とりあえずそう言うことはおいといて、新プランについて整理してみよう。シンプルに分かりやすいプランを、と言いながら、あらゆるプランが入り交じった複雑怪奇な体系になってしまっている。何が出来て、何が出来ないのか、何が分かっていないのか、おかげで発表直後から色んな事がハッキリしてくるまでかなり時間がかかってしまった。ずっと混乱してたのが2ちゃんねるのSoftBank本スレ。大手ニュースサイトも当初は混乱していたようだが、夜にしたがって不透明な部分もある程度明らかになり、だいぶ落ち着いた。

まずは、目の前の看板にダマされてはいけない、ゴールドプラン。インパクトは大きいが、結構制約が大きい。今回明らかにされなかった「新スーパーボーナス」専用プランで、基本料金9,600円の、当初37%割引からスタート。ただしキャンペーン中に加入すれば11年目の割引率が適用されるので実質2,880円の一見すると超破格プラン。制約は、通話料0円となるのはソフトバンク同士限定で(これは当然)、しかも21時から0時台(1時まで)の間は、毎月200分までの制限があり、それを超えた分は従量課金。他社への通話は割高に設定される。メールも250文字までのSMSのみ無料対象。添付ファイルや長文メールは送受信ともパケット課金プラン開始前からいきなり改定されて、MMSまで無料対象になりましたね。これにちょっと上限が高くなった「パケット放題」を付けるのが、おそらく基本的な考え方だろう。孫社長曰く、「トラフィックのこととかどうなるか分からない、今後どうなるかも分からないけど、1月15日までに加入した人は完全にセーフ。」だとか。とりあえずずっと2,880円、これ以上高くなることもないが、安くなることもない。このプランに設けられた制約が苦とも思わなければ、日中は話し放題だし、ショートメールなら送りメール使い放題、非常にお得なプランなのは間違いない。そして現在分かっていないのが、このプランと組み合わせが必須となる「新スーパーボーナス」。そして、自動適用となる月額サービス2種類「スーパー安心パック」「スーパー便利パック」の合計996円がどのように計上されるのか。この点に注意しつつ26日の次なる発表を待つことになる。

他社のメリットだけでなくデメリットまでもゴッソリ持ってきてしまった、ド反則の「オレンジプラン」と「ブループラン」。他社が値下げをしたら24時間以内に値下げしますよ、と言う宣言付き。他社ユーザが何も考えずにプランと割引年数を引き継いだまま移行も出来るし、移行しようと思っていた人も移行先のプランがこっちにも出来たからプラン変更で済む、と。ちなみに、オレンジプラン(X)にはパケット定額オプションが無く、ブループランのパケット定額オプションではPCサイトブラウザ利用時の上限額が無し、その他通話料などを総合的に考えるとブループランの選択はなさそう。ただ、ゴールドプランにおける「パケット放題」のみ、これらのプランとの組み合わせも可能なのがポイント。ゴールドプランのオプションなので、「新スーパーボーナス」への加入は必要のようだ。

それはともかく、今回発表されたプランでなんと言ってもうれしいのが、継続割引系の割引率算定が契約年数になるところ。長期ユーザ、旧プランで留まっていたユーザへの大きな福音であることは間違いない。ようやく旧プランから離れられる。ようやく3G契約ができる。等々。

でもやっぱり心に引っかかるのが、こういうプランを展開するえげつなさへの抵抗感と、ソフトバンクというブランド、信頼感のなさ。「他社に匹敵する独自のプランならこんな思いはしなかったのにね……。うれしいことはうれしいんだけど……。」と言うのがJ-PHONE時代からの契約者の本音。

続きは、26日の発表後!

あと、誤解もありそうなので適宜修正予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.29

"大人のソフトバンク"は13.54

と言うわけでいよいよ発表になった、ソフトバンクの新機種。13機種54カラーと言うものすごいラインアップ……のように見えて、よく似たものがあったりして。とにかく沢山。サービス面では、コンテンツサービスやコミュニケーション関連をYahoo!でぐるっと囲んで、できあがりとしてはよくまとまってて充実しているみたいです。そりゃあYahoo!ですからそこは強いでしょう。って言うか恐ろしく強い。メールとメッセンジャーがシームレスに連携対応!……私は、使ってませんけど。そして、ステーションの復活のような、iチャネルっぽいライブモニター、鳴かず飛ばずのイメージがあるPTTを今になって始めると思ったらauのHello Messengerっぽいサークルトーク、とまあ色々とアレです。地味にうれしいのが、2Gにしか無かったお天気アイコンの3G対応ですね。後その他色々。サービス名変更と新サービスが混ざっててよーわからんです。

さて、今回琴線に響いた端末は、デザインとスペックを考えて文句なしに910SH。500万画素に光学無段階3倍ズーム!圧倒的です。ついに光学ズームも無段階になってくれました。GPSと6軸センサは無くなったものの、VGA液晶、Felica搭載と、欲しい機能がしっかり乗ってくれています。ある種過剰なカメラのスペックに目を向けなければ、811SH/810SHでも十分なのでは?と言う感もあります。

ああ、悲しきは東芝ユーザ。ハイエンドといえどどうにもシャープに見劣りしてしまいます。今回はついに、私もシャープの軍門に下る日が来てしまったのかも知れません。さて、東芝は音楽機能を前面に出していて、910Tではワイヤレスレシーバを同梱していてBluetooth経由で音楽が聴けるとか。GPSにも対応してるのが今回のシャープに対するアドバンテージ。910Tと811Tの基本スペックはよく似ていますね。そして機能を削り取ってアドバンスドシンプルモードを乗っけたのが810Tと、実は地味ながら抜かりないラインアップ。親に持たせるなら810Tかな。UIに関してもPDC的な方向に戻っていたり、くーまんがあったり。

忘れてならないのが、HSDPAの「3Gハイスピード」。対応機種が、PDAタイプのX01HTとCFタイプのC01SIってところが特徴的ですね。高速データ通信を真に活かせるのはやはり、まだケータイには荷が重い、当然かつ現実的な回答がこの2機種、と言ったところでしょう。実に理にかなっています。

ところで今回、新機種と新サービスの発表で、料金プランに関する発表と言えば、PCサイトブラウザとPCサイトダイレクトに関する上限の追加のみに留まっています。保証サービスに関してちらっとふれられて、近々発表があるようですし、次の発表を待ちましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

Zuneも発表されてた

マイクロソフトがアップルのiPodに(こんどこそ)対抗すべく作り出されたもの、Zune。一杯リーク情報があって今更正式発表と言われてもなぁ、なんてヤツ。ワイヤレスで音楽を友達に"貸せる"ところが最大の特徴、あとはビデオ対応iPodとよく似てるので割愛。価格も発売日も未定なんですってね。マイクロソフトだけにこのZuneプラットフォームがどこまで行けるのか先行き不安感がぬぐいきれませんけど、今のところは結構魅力を感じています。とはいえ、すっかりiPodのおかげでアップルの犬になってるので、今更環境移行も出来ようもないだろうし、6G iPodでまたやってくれるだろうと信じ切ってしまっていたりして。要注目なのは変わりありませんけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wiiの発売を待ち遠しく思うのか、思わないのか

発売日は12月2日、価格は25,000円。うーーーーん…………。追加で買う場合は、Wiiリモコンが3,800円、ヌンチャクが1,800円、クラシックコントローラが1,800円。そして、ヴァーチャルコンソールなんかに使うWiiポイントプリペイドカードが1,000/3,000/5,000ポイント。ヴァーチャルコンソールのソフトは、ファミコンが500円程度、SFCが800円程度N64が1,000円程度、PCエンジンやメガドライブも同程度、サプライズがMSXの追加。基本的にはこんなところですかね。

あとは、Wiiリモコン付きの「はじめてのWii」が4,800円で実質ソフトが1,000円、Wiiポイントプリペイドの5,000ポイントのものがクラシックコントローラ付きで限定発売するとか。ローンチタイトルには、これまでもデモで何度も出てきたリモコンを振り回す「WiiSports」、みんなでバカゲー「おどるメイドインワリオ」、真打ち登場「ゼルダの伝説トワイライトプリンセス」などなど。あー、ついにワリオがマリオに勝っちゃった。そしてリンクはなんと右利きに(左利きって設定を今まで忘れてた)。

ハードウェアスペックから考えると、戦略的な価格とは言えないですが、比較的安い部類に入るわけです。悩ましいですね、えいやあ!と買ってしまえないけど魅力を感じなくはない。うん、悩ましい。はじめてのWiiを買って、親に触らせてみたいってのもあるけどー。積極的にゲームに向かうためと言うより、生活にとけ込むゲームを目指しているみたいだし、Connect24でDSのハブのような位置付けにもなりそうだし、コンセプトはXbox360やPS3とはまるで違うけど、プラットフォームとして位置づけようとするところは同じですね。まずは様子見。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.13

iPodがフルモデルチェンジ……だけど。

さて、予定通り(?)、iPodが新しくなりました。共通してイヤホンが変わってるみたいですが、もともと使わないので気にしません。余談ですが、ソニーのMDR-EX90は能率が低くて、バッテリの消費が恐ろしく早いです。

ビデオ対応iPodは、実にマイナーチェンジ。バッテリの持ちが良くなり、液晶が明るくなり、60GBモデルが80GBモデルになったようです。あとゲームに対応。1本600円だそうで。曲や動画の検索機能が強化された模様です。そして、うれしい機能がギャップレス再生。ライブ盤なんかがストレス無く聴けるようになります。いいなぁ、これ。全体的には、地味にうれしい機能強化だけど、旧nanoから買い換えるほどのインパクトはなかったのは、残念。

iPod nanoは、ビデオ対応iPodとちがい、2Gと言えるほどの変わりっぷりです。見た目とか。実際Appleのサイトでは旧nanoが"1st"と別表記されてますし。デザインはかつてのiPod nanoのようなサイドの丸いアルミボディで、旧nanoから0.4mm薄くなりました。ただしカラフルなのは4GBモデルだけ。2GBモデルはシルバーのみ、新たに追加された8GB(!)モデルはブラックのみだそうで、2G iPod nanoのブラックはステータスシンボル!?iPod 30GBと同じ値段ですがね。こちらも液晶が明るくなり、バッテリの持ちが良くなったのと、新検索機能、ギャップレス再生に対応。ファームウェアのアップデートで対応してくれんかしら。

iPod shuffleも新しくなりました。実はこれが一番魅力的。見た目的にはクリップ。ラジオチューナ内蔵の有線リモコン「iPod Radio Remote」と同じような大きさで、デザインは新nano風と言ったところ。もうプアマンズiPodなんて呼ばせない!そんな魅力を秘めた"スタイリッシュ"な超小型ミュージックプレイヤーと言った垢抜けた印象があります。容量は1GBのみで、USB直付けではなく、付属の専用Dockで同期/充電を行うようです。

でもって、新しいiPodが出たので、例によってiTunesも新しくなりました。iTunes7。ゲーム買えます。(日本はまだできませんが)DVD品質の映画も買えます。なので、iTunes Music Storeは、iTunes Storeになりました。なんだかすげー。さらに、アルバムのアートワークをかっこよく表示できたり、他ソフトでリッピングした曲への、アートワークの自動挿入まで出来るようになって素敵さパワーアップ。それから、ファームウェアのアップデートを行うiPod Updaterも内蔵されたみたいですね。

どうやら、今回発表されたiPodは、完全にマイナーアップデートの模様。5.5世代と言うべきか5.1世代と言うべきか悩ましいところと言うのが個人的な感想。そんなわけで、既存機種についてもソフトウェアアップデートで、ゲームコンテンツの利用とギャップレス再生が実現されました。輝度調節も出来るようになったようです。一方、iPod nanoについては、ソフトウェアアップデートはありませんでした。んー、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

JR東海は……TOICA

JR東日本のSuica、JR西日本のICOCAに続いて、ようやく、ほんとうにようやく、東海地方でもICカードで電車に乗れるようになります。気になる名前は……「TOICA」。

残念ながら、当初予想してた「いこまいか」の「MAICA」ではなかったですね。由来がJR西日本と被っちゃいますけど。さて、じゃあTOICAの由来はなんだ?と思えば、Tokai Ic Cardだそうで。なんだかなぁ。

まあ、私は名鉄ユーザなんで、直接は恩恵を受けることはないんですが。さっさと名鉄もやって欲しいですよ。併せて名古屋の地下鉄も。トランパスをICすれば良いって話なんですがね。計画はあるらしいんですが、実際動き出すのはいつだ?ってヤツです。トランパス対応化で改札機の入れ替えが進んだんですが、あれにICリーダライタを追加する形になるかと。それをふまえた入れ替えだと思うのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

クレジットカード情報大量流出で憂慮すること

流出してしまったものはしょうがない、当然ながらカード会社は不正利用に対して補償すると言っているので、まずは安心でしょう。これから、いつも以上にカードの利用明細に目を光らせなければなりませんね。

それより気にしているのは、二次被害。今回のカード情報流出のニュースを悪用したフィッシング詐欺が考えられます。「あなた様のカード情報が、流出したものでないか確認するため、以下のフォームに入力してください。」なんてものが、出てくるのではないかと思っているのです。今、最も引っかかりやすい状況ですからね、多少あらがあっても入力してしまう人がいそうです。気をつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

万博会場に侵入した大学生

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 大学生2人、フェンスよじ登り愛知万博会場に侵入

2人は「万博を見たかったが、所持金が足りなかった。会場近くで現金自動預け払い機(ATM)を探したが、見つからないので侵入した。しかし、怖くなって外に出た」と供述している。

うん、これは会場近くにATMを設けなかった開催者が悪い、よって不起訴。

アメリカならこんな感じ?とか、ふと思ってしまった。千葉からわざわざ万博に来るって言うのに、チケットを買うお金を用意せずに会場まで来たのはいかがなものかと。名駅にATMあるでしょ?ってか、名駅でチケット買ってから行けば良かったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.31

みどりの日、昭和の日

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <みどりの日>「昭和の日」に改正へ 今国会で成立見通し

みどりの日は、昭和の天皇誕生日を、昭和から平静になったとき「昭和天皇が緑を愛していた云々」を由来として「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」休日になりました。微妙にこじつけっぽいですが、休日が残されたというわけですね。さて、こんな法案があったこと知ったのは、まさにこの記事からなんですが、4/29を「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧みる」として「昭和の日」とするのは、「みどりの日」より明確な理由があって良さそうです。日本の近代史としての昭和と言う時代は結構大きいですからね。

じゃあ「みどりの日」は消えちゃうの?と言うと、「祝日と祝日の間も休みにしよう」と言う理由の「国民の休日」で休日になってる5/4が、新たな「みどりの日」として祝日になると言うことらしいです。さて、そうなると、年によっては日曜日として消滅させられていた5/4の休日も祝日になるので、休日の振り替え対象になるわけで、同法案には、振替休日の既定に「祝日が日曜日の場合はその日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする」と変更することも盛り込まれているようです(みどりの日@Wikipedia)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧