2007.09.29

iPod touchを使い始める

さてさて、日本語Windows環境における不具合については、「混種中のアップデータで対応する」とのことですが、これきっと、「今週中にiPhoneに大幅なアップデートを行う」のついでに実施されるんでしょうね。まあともかく、これで、iPhone もiTunes Wi-Fi Storeに対応したり多言語対応したりしていやっほーう!って、そんなのどうだって良いから日本人にさっさと修正アップデートかけろよ、とぐちぐち言っててもしょうがないので、PCエミュレータで英語環境を作って、そこでロック解除を行いました。というのは昨日までの話。iTunes7.4.3がリリースされて、iPhoneでもやはりiTunes Wi-Fi Storeが利用できるようなアップデートと共に、英語環境外でのiPod touchロック解除の問題が修正されています。

それにしても、そんなこともあっさり出来てしまう有用なソフトウェアが無料で利用できてしまうとは、良い時代になったもんです。何か窓の杜で、vmwareのダウンロードランキングがグッと上がってたりするのも、これの影響なんでしょうね。ちなみに、真偽は不明ですが、どこかしらで目にした話によると、日本語環境と言うより、非英語環境で発生する問題だそうで、9/13からこの不具合は確認されてるのに、アップルはなんのアクションも起こさず放置していたそうです。そしてアップルから直接のアナウンスもありません。こんな対応いつものアップルクオリティとは言いますが、iPod shuffleあたりからユーザになったのでよー分かりません。アップルファンはしっかり調教されてるようですね。私も、Leopardが発売されたら iMacを買うつもりでいるので、やっぱり調教されてしまうようです。

それはさておき、紆余曲折あれど、「ついに ねんがんの あいぽっどたっちを てにいれたぞ!」な状態になったわけですが、いやはや、すばらしいですな。何かもう触ってるだけで楽しい。画面と指との一体感がここまで快感をもたらしてくれるとは。指ではじく「フリック」が素晴らしすぎますね。日本での通称"くぱぁ"のピンチイン/アウト、画面の縦横追従なんかもありますけど、もうとにかくフリックが気持ちよすぎます。でも微妙に練られて無い感というか、気になる点はいくつか見つかるもので、画面サイズというか本体サイズの大きさから、タッチすべきところが遠いんですよ。片手で操作するにはちいと辛い。もともと想定されてないんだろうか?それから、プレイリストやアルバムの所から直接1曲目から再生することは出来ないのかな?必ず中に入って一番上をタップして再生してるけど、何か違和感がある。でもそれらしいボタンや表示が見あたらないような?階層を一段戻るとかもないところが気になります。ホームボタンを押してホームに戻るしかないところが色んな所に。クリックホイールなiPod では出来ない操作ができるようになったかわりに、逆に出来なくなった操作も……というか、根本的に違うので出来て当たり前なところが出来ないのがもどかしいですね。それと、当然ながら全面フラットなタッチパネルなので、手探りで操作すべき場所を見つけることは出来ず、必ず画面を見ながら操作しなければならないです。移動中ちょっと怖いです。

そうそう、iPod touchの目玉機能の一つである「iTunes Wi-Fi Store」使ってみましたよ。先日、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見てきた関係で、例の主題歌が欲しくなって、じゃあせっかくだからtouchが届いたら買ってみよう、と。アカウント設定はiTunesで行います。それと比もづけられて購入するわけですね。検索して試聴が出来るところはiTunesでのstoreと変わりません。Plusを有効にしてあるので、Plusの表示と値段でボタンがあって、クリックして購入。あまりもあっさり買えすぎてしまうのでこれまた怖いですが、外出先でも買ってしまえる敷居の低さは素晴らしいですね。って、最近の若いモンはケータイで着うたフルでしたっけ。全然新しく無いじゃん。あは。

さて、肝心の音質ですが、発売前に海外のレポートが翻訳されてるのを見て、「どうやら5G iPodより音質が劣ってるらしいぞ」と不安でいっぱいでしたが、全然そうではなかったです。まあ私の耳がへっぽこだという可能性は大いに否定できないところはありますが。使用イヤホンは、ソニーのMDR-EX90SLで、適当なソースとしてAACで192kbpsVBRと256kbpsCBR(iTunesPlus)、MP3の192kbpsなんかをホイホイ再生してみました。よく言えば元気な音、悪く言えばドンシャリ気味と言った感じでしょうか。先に各所で目にした"ヴェールをかぶせたような感じ"はなく、クリアでエッジのきいたスムーズな音ですね。肉声の高音域もすうっとストレス無く伸びますし、定位もがっちり決まってそれぞれの楽器の一がハッキリ分かって全然不満がないです。

やはり微妙に全体的に気になる点はありますが、これは「持っててウレシイ」デバイスですね。無条件にオススメできない理由は、決して安いとは言えない絶対的な価格でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

iPod touchが届いているわけですが

あのiPhoneと同じUIを備えた全く新しいiPodで話題沸騰、iPod touchですよー!日本のストアでは9/28までに発送と書いてありましたが、9/22に発送され、9/23に到着しました。やった!連休中にセットアップで連休明けから使えるよ!

と。

土曜日から日曜にかけて遊びに出かけていたので、家に帰ってからセットアップする事になるのですが、さしあたって同じく到着した人たちがどんな風にいじっているのか、どんなレポートが上がっているのか、そんなところが気になって、ヤマトの配送ステータスをチェックしながら、2chをチェックしまくりんぐ。

どうやら、日本語Windows環境では使用開始出来ない不具合があるらしい。なんじゃそりゃ。たった一度だけ、Macに接続してやればロックが解除されて、日本語WIndows環境でも使えるようになるそうだ。英語Windows環境でも問題は起こってない、とか?英語環境をPCエミュレータ上で構築してロックの解除を行うとか言う話もあるようだけど、様子見中(IE6/7検証用の実行環境が無料で提供されてるのでそれを利用できる)。

さらに、9/24現在でもiTunesのアップデートはなく、大手企業ニュースサイトで箱の件についての記事が一切無し。報道管制でも敷かれてるような状況でちょっと恐ろしい。

Image202 と言うわけで、開封して電源入れて、ここまで来て、おしまい。この画面を解除する事が、「ロック解除」と言われてるようだけど、どうやらiTunes側は認識できても、iPod touchにそれを反映できない(iTunesはしたつもりでいる?)のが今回の不具合のようですね。一応、上の電源ボタン長押しでシャットダウンが出来るんだけど、そこでちょっとだけtouchのUIらしさに振れる事が出来ました。……うう、切ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

涼宮ハルヒの……

ネットでうわさのライブシーン。こちらの地方でもようやく放送されました。その曲が収録されたCDの発売日が、東海地方での放送日の前日。なんだか興ざめです。そんな大人の事情はともかくとして、ドラムとギターとベースのシンプルなバンド曲は、心地よく懐かしい。'80~'90年前後にこんな感じの曲が流行ったっけかな。要するに直球ど真ん中。曲もさることながら、平野綾のハルヒ声での歌も聴かせてくれますねー。劇中の声よりさらにロックシンガー的な声で歌ってて、どうしても思い浮かべてしまうのがリンドバーグです。あまりにも気に入ってしまったので、「はいはいミクルミクル」と思ってスルーするつもりだったCDを買ってきてしまいました。

1曲目の『God knows...』より2曲目の『Lost my music』の方がお気に入りですが、mixiミュージックの再生ランキングを見ても、やはり後者の方が1割ほど多い模様です。

ちなみに、『恋のミクル伝説』は、これはこれで凄い。とことんチープで、アニメ第1回目で流れたあのたどたどしい歌が、そのまんま収録されてました。ある意味期待通り。オケもDTM然としててノリが良いだけでやっぱりチープ、歌詞は2番が破綻しててもう最高(のみにいこー!)。ところでこれ、後藤邑子がちゃんと歌ったらどうなるんでしょうね?こちらは、ミスマル・ユリカや江戸川コナンが歌った、主題歌の音痴バージョンを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.01

最近の音楽配信事情

iTMSが始まって以来、何となく他社ともにこれと言った目立った動きがなかったのが、ここ最近怒濤のような展開ですね。

まずは、ソニー。「Sonic Stage CP」とウォークマンの新機種「ウォークマンE」、少しさかのぼってウォークマンケータイこと「W42S」の発表。でもって、「ナップスター」の定額制音楽配信サービスの発表、関連してビクターやら東芝やら対応機種が続々。もう少し枠を広げると、定額制ネットラジオ「リアルミュージック」、マイクロソフトの定額制を見据えたDRM強化と「Windows Media Player 11β」。なんかもう逐一追っかけてレポートするのもめんどくさいくらい充実してきてます。

まず注目したのは、ウォークマンE。一見地味な低価格機種ですが、値段がお手頃でありながら基本機能が備わっている。iPod shuffleとiPod nanoの間に位置しそうな製品です。なにより3分充電で3時間再生という、ソニーお得意のスタミナが良いですね。そして悪評の絶えなかったCONNECT Playerの唯一の特徴であったアーティストリンク機能を包括したSonic Stageの新バージョン。Sonic Stage自体は割と評判の良かったソフトなので、これでようやくまともな環境ができあがったと言うことですね。ウォークマンシリーズはWMAに続いてAACにも対応し、準備万端です。更に言えば、ウォークマンケータイは、文字通りウォークマンだったわけで、単なるミュージックプレーヤ内蔵ではなく、auの音楽配信だけでなく、Moraなんかにも対応しているという完璧っぷり。さすがにちょっと嫉妬。

一方、Windows Media陣営もまた。コンテンツプロバイダと対応デバイスが固定されない強みを生かして、ユーザは自由に音楽配信サービスと気に入ったデバイスを選択できる。これまでパッとしなかったのが、価格面でも十分勝負でき、音響補正や、ワンセグ対応、ケータイが対応してくるなど、一気にフィールドが拡大した感がありますね。東芝のワンセグ対応gigabeatV30Tは、ちょっと食指が動きましたよ。

ケータイの音楽プレーヤ機能が音楽配信対応となって、他の専用機器と同等の機能を有する、本格的な音楽プレーヤとして拡大してくることで、iPodのApple一人勝ち状態から何か動きがありそうで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.15

「二次元演奏会」が開催されます!

今週末というギリギリの紹介になってしまいましたが。告知ページに詳細が載っています。なんとまあ贅沢な事でしょう。もとの素材をゲームの曲とした、全てが本格派の演奏会。あのゲームの大好きなあの曲が、ゲーム音楽のレベルを超越した本格的なピアノ楽曲としてアレンジされ、強烈な演奏を本格的なホールで聴くことが出来るのです。わー!

公開当初から大きな影響を及ぼし、今回ようやく初演される事となった『「アトラク=ナクア」の主題による幻想曲』。ゲームに使われた原曲の評判もさることながら、ピアノに再構築されたこの曲は、ゲーム未経験者でもジェットコースターのような曲の流れに翻弄され、その魅力に取り憑かれてしまうことは必至でしょう。かつてゲームをプレイした人なら、映画の予告編のように、名シーンが次々と蘇ってくるのではないでしょうか。……これが初収録された『HammerKlavier』の解説を、大学の研究室で夜中に折り折りしてたのが幻のようです。

さて、今回の初演を記念して、期間限定ではありますがこの曲のプロモーションムービー(完全版)が公開されることになったので、リンクおいときます。

DOWNLOAD(87MB)終了しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.14

新星堂のポイントシステムを解説してみる

新星堂のポイントシステムが分らん!マジで!ポイントの期限が近づいてるのに、どうなるんだ?わかりにくいぞってことで、店員に聞きました。

ポイントカードの裏には詳しいことが書いてありません。何円で何ポイント付くのか、有効期限が利用日から1年って裏に書いてあるのに、表に印刷されている有効期限が違うじゃん!とか、その辺の疑問を解消するのも含めて、箇条書きにしてみましょう。

  • ポイントは、税抜き金額の5%が加算される(つまり消費税額分と等しい)
  • ポイントは、2,000ポイントで2,000円として利用できる(40,000円で2,000円引き)
  • ポイントの有効期限は、ポイントを消費した日から1年

こんな感じです。そう、「利用」というのは、「新星堂」を指すのではなく、「ポイント」を指していたのです。わかりにくすぎますねえ……。

少しフォローすると、旧来のスタンプカードとキャッシュバックレートは変わっていませんが、ポイント加算単位が細かく、実質5%に極めて近い、と言うところが重要です。たとえば、2,800円のCDを買った場合、1,000円で1コスタンプの場合、800円分は切り捨てられて2つしかスタンプを押して貰えませんでしたが、今はキッチリ2,800円分の140ポイントが加算される、と言うことです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.14

enigmatic LIA

LiaじゃなくてLIA。Liaのprismaticに対して、LIAのenigmatic。だが、『enigmatic LIA』は、C67限定、あるいはその後の通販限定だったので、知った頃には手に入れられず、がっくししてたんですが、ふらっとI'veのCOLLECTIVEを買おうととらのあなに行ったら、置いてあるじゃないですか。限定店頭販売だそうで。また、買い逃すところでした。思わず手にとってレジへ。

公式ページの視聴で、どんな傾向なのか(ハードコア)は分かっていたので、結構楽しみではありました、好きなジャンルの一つですし。prismaticは、「Airで歌を歌っていたLia」のイメージが先行して、「なんか違うな……?」と思ってしまったのですが、enigmaticは、最初から「あのLiaじゃないLIAだ」と言う意識で向かい合えたので、それはもう素晴らしい。久々に激しい電子音楽が聴けたなー、って感じで、やー、もう、ドカスカやって下さいよ、ってな勢いで低音厨としての自分がうずきますね。それでいながら、歌もしっかりと聴かせてくれるトラックがあったりと、満足度の高い一枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

『鳥の詩』盗作騒動

最近話題の問題。ITmediaにも載っちゃってます。事のあらましや詳細は、まとめサイトなりなんなりを見てもらえばいいと思いますが、全くひどい話です。パクっただけでなく、「keyから許可取ったよ」なんてしらを切っているってモンだから始末が悪い。もちろんそんな事実はないし、こうなったら怒り心頭、もう絶対使わせてやらん、と言うのがkeyの見解。当たり前ですね。日本のファンだけじゃなく、台湾のファンも混ざっての騒動だそうで。良い方向に解決してくれることを願ってやみません。

さて、問題になった曲はどれだけパクりなのか?何となく似てるフレーズがあるのをまた厨房どもが騒いでるだけなんじゃねーのか?と、騒動が出始めた頃にちらっと聴いてみたのですが、何から何まで同じ。「これが鳥の詩のピアノアレンジ(トランスクリプション)だよ」と言って聞かせても、なんの違和感もなく聴くことができるでしょう。そのくらい同じ(not 似てる)なのです。keyが「盗用」として抗議をするのも納得ですね……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.08

iTMSJが4日で100万曲突破

ほーらみたことか、ざまー見ろ、と言わんばかりの発表であり、結果でございますね。待ちに待った日本でのサービス開始だってのもあって、一気に押しかけたのは間違いないでしょう。とりあえず一段落したところで、どのくらいのペースで伸びていくのか、それは各所で言われている、楽曲の充実によるでしょうね。まあ、こんな数字が出てしまった以上、楽曲を提供しない手はないと思うんですが、ここは日本ですから、分かりませんねえ。欲しい曲が提供されていけばいいんですが……充実してると思わしきクラシックやジャズも、探してみたらヒットしなかった、ってのもありまして。だいたいはCD買ってしまうジャンルなんですが、よっぽど頑張らないと見つからなそうな曲もありますから、そう言うのはこっちで買ってしまいたい感じです。

ところで気になってたんですが、相乗効果で既存の音楽配信サービスもダウンロード数がかなり伸びたとき来ますが、どのくらい伸びたんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

iTunes Music Store Japan始動!!

サービスのスタートは確定だが、いつになるか分からない、日経のフライング報道もあった、そして、ぽつぽつとミュージシャンサイドやイベント告知等に散見されたおまぬけなリーク(8/4から開始するiTMSJで配信決定とか)のおかげで、ほぼ間違いなく、今日アップルからiTunes Music Store Japanの発表があるだろうと予想されてきました。そして、本当に発表されました。その上、当然のようにサービススタートも同時です。

100万曲からスタートし、気になる価格は、Internet Watchによると、90%が150円、10%が200円という、既にサービスしている各国と比べても遜色のない妥当な値段だと言えるでしょう。以前どこかでコーラのペットボトルの値段で比較してましたが、そんな感じです。運用形態は、iTMS準拠。日本の既存有料音楽配信のような厳しさはなく、PCは5台まで、iPodへの転送無制限、CD-Rへの焼き付け無制限と、これも安心です。さーてこうなると、手持ちのiPod shuffleではちょっと不便ですね。iPod miniなんか良さげかな、それとも一気にフルサイズ?悩ましいですねえ。

昼頃はやたら重かったんですが、だいぶ落ち着いてきたみたいです。んーと、なぜか松崎しげるの「愛のメモリー」で祭られてるみたいですが、何故この曲が選ばれたんでしょうね?それはともかく、楽曲を提供しているレーベルが微妙に厳しくて、欲しい曲がさっぱり見つかりません。アニメなんかもボロボロです。そのうち交渉が進んで増えていくとは思いますが、待ち遠しい限りです。

そんな中、既存の国内の有料音楽配信サービスは、軒並み申し合わせたかのように値下げ。iTMSJ相当の料金になってます。なんというか、笑えるというか、呆れるというか、哀れというか。まるで「いつでも値下げできましたけど、ボッタくってましたよー」って感じで、悪い印象を受けます。まあ、値段はともかく、著作権保護でがんじがらめのイメージがあって、どうにも買いに行く気になれんのですが。

料金は楽曲を保有しているレーベルからの要請みたいですね。どっちにしろ、iTMSJへの料金は交渉済だったはずですから、あえてiTMSJ開始の日に合わせて値下げをするというのが、どうにもこうにも。

っていうか、勢いでiTunes Music Cardを買ってきてしまったのですが。2,500円分。クレジットカードを使えばいいんですけど、何となく。しかも、ウェブマネーみたいなぺらぺらのシートかと思ったら、クレジットカードみたいな立派なプラスチックのカードですよ?カッコいいけど、勿体ないなぁ。チャージするのもなんか勿体ないんで、欲しい曲が見つかるまで、そのまま飾っときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧