2005.09.22

ホワイトバンドの意志を考える

ホワイトバンド、その言葉を知ったのは、その活動がスタートして直後、いきなりホワイトバンドが売れすぎて無くなってしまった、なんてニュースから。値段は1つ300円と高いものの、またかっちょいい活動だな、と思ってみたら、300円の内訳が製造流通に70%かかってると言う事実にげんなりとしたのを覚えています。で、後の30%は、募金ではなく貧困を無くすための活動に使われる、と言うところがポイント。このアプローチについては、私は悪くないと思うんですが(本当にその資金にされているかはともかく)、いかんせん70%に疑問符が消えません。それもそのはず、この活動そのものが非常に緩いものなのですね。

まずあるのは、「芸能人とかも身につけてるカッコイイアクセサリを身につけよう」と言う意志。この時点で70%。ある程度コストをかけて製造し、流通販売にも普通に利益が出るのでしょう。あくまでもそれはアクセサリ。さて、その次に「ちなみにコレって、ほっとけない 世界のまずしさ、なんてホワイトバンドの活動だったりもするんですよ」って事で30%。これを身につけることは「世界の貧困を無くしたいと思っている」意思表示ですよ、と、たったこれだけ。まあそんな感じで良いんじゃないですか?片意地張らず。みんなつければ、「ああ、みんな無くしたいと思ってるんだ、じゃあ頑張ろうか。」と発言力がある人が頑張ってくれるわけ。たぶん。

にしても、中国製のシリコンで出来たアクセサリが200円(70%分、税抜き)ってお高いですよねえ。これも含めて、なんか色々と釈然としないものがあります。

ちなみに、NGO団体から買うと、その団体が行なっている活動にも使われるようなので(300円のうち200円分など)、普通に買うより良さそうですね。あと、ホワイトバンドの活動自体、白いバンドを身につける事で意志を示すと言うことなので、300円で売ってる奴じゃなくても、白けりゃ何でも良いみたいですよ。さしあたって、コストはともかくとして、2ちゃんねるオリジナルホワイトバンドなんてものを作って(「* * *」が「( ´∀`)( ゚Д゚)( ・∀・)」になってるとか)、売り上げを日本赤十字あたりにぽいっと投げたりしたら、300円のホワイトバンドが気に食わない人も買うでしょうし、どうなんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

対中韓問題にて

小泉首相、町村外相、中山文科相の行動や発言が物議を呼んでますね。周りの政治家は否定的、マスコミもおおよそ否定的、そして、blogや2ch等ネットで声を出す人たちは肯定的に。あいにく私は、後者に当たるわけで、ようやく自国の意志を持って対等に渡り合おうとしている動きを、相変わらず封じ込めようとしている動きが気になって仕方ありません。先に書いたように、ネットで発言する人の大部分はこうした動きに肯定的ですが、果たしてネットで発言しない人たちはどういう感情でいるのでしょうか。相変わらずマスコミの自虐的な報道を真に受けているのか、違和感を感じているのか、マスコミはともかく、発言力の大きい政治家が過剰に中韓を刺激しない、養護する動きに危機感は感じているのでしょうか。今この緊張感の中、ハッキリと日本国が日本国であるという立場を示さない事は、今以上に中韓をつけあがらせ、日本の将来を危うくすると言うことを、認識しなければいけないのに。

色々と妄言を発せられている国に、「妄言だ」等と非難されるような妄言を発してはいないですよ、と煽って締めてみます。:-P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.15

歴史が正しいか、と言うより

今の日本対中国・韓国の歴史認識の違いから生まれた対立の話。つまりアレだ、日本は過去とても酷いことをした、悪だった、だがそれを真に反省せずにいた。日本の国民も、そう教育され思っていた、とても酷いことをした、反省しても反省しきれない、日本は戦争でとても酷いことをした、と。だがその事実、実は捏造や誇張が多くを占めていたのだった。かつての日本には理念があった。

さて、そうなっては日本人、とてもうれしい、悲しく恥ずべき行為ばかりだったわけではない、誇らしくすら感ずる事実は沢山あったのだ、と。一方、完全なる被害者と教えられていたのは、都合良くねじ曲げられたこと、今も歴史に新しい侵略行為すら教えられてこなかったけど、それは認めたくない、日本は悪い国に間違いないんだ、と。

自分たちは悪でなかった、悪と教えられたモノは悪ではなかった、そりゃあ困る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

中国、マジですか。

今朝のニュースで見たんで、ソースは不確定なのでご了承くださいませ。

なんでも、あの半日デモの映像を録画していたのは、日本製のビデオカメラで、「おまいもデモ来いよ、やってやろうぜ!」って電話した携帯電話も日本製だったそうな。ムシャクシャしてやった。騒げれば何でも良かった。今も反省してない。ってヤツ?

で、中国政府は、「警備配置してやったから後は知らんがな、日本が悪いからデモが起こったんでしょ」とのたまう。政府への不満の矛先を変え、外交カードとして反日のとは言われ続けてきたものの、まさにここに極まれり、といった感じかね。前にも書いたけど、韓国と違って正しくタチが悪いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

日本は?

自虐的歴史観でナショナリズムが欠如し、内部崩壊へ進める動きは今に始まったことでなく、外からも領土問題で言われたい放題、日本はどうなってしまうのでしょう。今の韓国の狂いっぷりは、中国の領海侵犯が普通の行為(侵略行為として)に思えてしまうほど異常だ。事実と権利をハッキリとさせ、言ったもん勝ちやったもん勝ちの行動に出る中韓に毅然とした態度で向かって欲しい、ここは日本の領土である、と。

竹島問題は、韓国を取材し「独島は韓国固有の領土だ」と言っていてるシーンばかり目立つが、日本固有の領土であるという根拠と明確な説明があまりされないのはなぜだろう?あまりこのようなことが続くと、「ホントに日本の領土なのか?ほんとは韓国の領土だから日本は何も言えないんじゃないのか?」と思い始めてしまうのではないか、と心配になってしまう。少なくとも、竹島問題を報道でしか意識しないほとんどの人にとっては、そんな危険性があるような気がする。ま、いつものことだと思うけどね……。(;´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

日本に謝罪と賠償を要求しる!?

韓国大統領、歴史問題で日本批判 「謝罪と賠償を」 - asahi.com : 政治

はい、燃料投下

小学生や中学生の頃は、教科書に忠実で、感情に流されて先生の授業を盲目的に信じていれば良かった。だが今は違う。少なくとも、韓国が掲げる問題が、色々と問題のある話であることは知っている。歴史の事実・捏造・解釈を考慮しなければならないし、まともにこの問題に向き合ってない私には、簡単に批判的な意見を述べることも出来ない。

ので、逃げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.24

SuicaとEdyと

電子マネー戦争「SuicaとEdyは競合する」~JR東

今後、焦点となるのはセブンイレブン、ローソンといった“最大手”コンビニチェーンがどちらの電子マネーを採用するか。山田氏は「採用してもらえれば、それは我々としてもとてもありがたい。しかし、その交渉については申し上げられない」とした。

い、いや、ちょっと待て。Suicaを採用するにしても、全国規模で利用できる電子マネーサービスを提供するとしたら、Edyも採用せねばなるまい?ファミマのように、関東地区だけで利用できます、なんて大手としてはあり得ないのでは?Suicaまたは互換カードがJR東海(利用しないけど)で利用できるならともかく、全国で利用できる点を考えると、導入コストが余計にかからない分、Edyを採用するのが正当だと思うのだが……。

ローソンパスカードのEdy版、サークルKサンクスのKARUWAZAと2枚持ってもかまわないくらい、コンビニでの電子マネー決済は快適すぎるから、早くお願いしたいところ。まぁ、関東地区の人にとっては、Suica1枚で済ませられた方が快適なのだろうけど。ここでFelicaでおサイフケータイのNTTドコモですか?う~ん、なんか、こう、「望めば誰もが広く利用できる」には、JR東日本とNTTドコモが障壁になってるような気がしてならないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.15

邦人拉致のきな臭い話

新たに拉致された人や、他国の人の話はさておき、先日の例の3人の話である。拉致されたことが報道された当日から既に、ここでは述べないが「疑問点が多く、なにやら怪しい」と言う話が出ている。それを鵜呑みにするつもりはないが、可能性の一つとして覚えておきたい。そして、自作自演説が本当なら、事態をより複雑にした事に対してこそ怒りを覚える。

いずれにしろ、3人のご家族はとても気の毒である。傷口に塩を塗るような批判の電話などが多いそうな。ご家族は拉致事件の被害者か、拉致事件に見せかけた事態を作った彼らの被害者か……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.09

退くことも勇気って言いますし……?

確かにたかが小さな(?)テロリスト部隊相手に、日本国が誇る自衛隊が撤退するのは情けないことでしょう。ですが、日本国の国民3人が人質にされ、3日以内に発見して保護できる保証がないのであれば、その国民を守るために撤退もやむなし。笑いものにされても、国民が守られるならプライドなんて捨ててしまえ!むしろ国民を守ることこそが国としてのプライドなのではないか、と言う論理だってあります。自衛隊としてのプライドならば、「3日以内に必ず発見・保護する」事が最も優先すべき課題なんでしょうけれども。

と、書いたところで、「ここで撤退したら、この程度のテロ部隊に屈する国」と言うレッテルが貼られることは、プライド云々ではなく、「テロの標的にして美味しい国」となることであり、結果的に3人の国民のために1億人以上の国民を犠牲にしかねない、と言うことになると言う意見を目にしました。話は現実的で、ゲームやアニメの話とは違って、この「1のために9を捨てる」事が出来ないのは国家として当たり前。そうなると撤退すべきではないですね。木を見て森を見ず、でした。がっくし。

じゃあどうすればいいのでしょう?全てを納得させられる解決策を考えるのは非常に困難でしょう。日本国という国家、国際関係、3人の人質、全ての日本国民、自衛隊、考えることは沢山です。ちょっと私には私としての答えを出すことは出来ません。一個人として、3人のことを見殺しにするほど冷酷ではありませんが、3人のために日本国や国際関係が悪化するのも嫌ですからね。

しかし、危険を顧みず向かったことは、拘束された3人も自衛隊も同じなんですよねえ……。何が言いたいってわけじゃないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)